千家尊福

概要

 千家尊福(せんげ たかとみ)弘化二年乙巳(きのとみ42)八月六日(1845年9月7日)生誕 -大正七(1918)年一月三日薨去(七十二歳)は、宗教家、政治家。位階・勲等・爵位は従二位勲一等男爵。

経歴

 弘化二年乙巳(きのとみ42)八月六日(1845年9月7日)に出雲国(現、島根県)の出雲大社の宮司を務める出雲国造家に誕生。

 明治五年十月(1872年11月)に第八十代出雲国造となる。明治六年(1873年)に信仰団体「出雲大社敬神講」を組織する(同年、出雲大社教会と改称)。明治九(1876)年五月に出雲大社教院と改称。明治十一(1878)年一月に 東京神田の神田神社内に、出雲大社教会東京出張所開設(後の出雲大社東京分祠)。明治十五(1882)年五月に神官教導職分離令(神官の布教活動を禁止)により、国造職を弟の千家尊紀に譲って出雲大社宮司の職を辞す。出雲大社教会を分立して宗教団体「神道大社派」(のち神道大社教)と改称し、初代管長職に就き、本格的な布教活動を始める。

 明治二十一(1888)年六月に伊藤博文の推挙により元老院議官となり、管長職を辞す。明治二十三(1890)年七月に貴族院議員となる。明治二十七(1894)年一月に埼玉県知事に就任。明治三十(1897)年四月に 静岡県知事に就任。明治三十一(1898)年十一月に東京府知事に就任。明治四十一(1908)年三月に西園寺内閣の司法大臣に就任。明治四十二(1909)年三月に東京鉄道会社社長に就任。

 大正七(1918)年一月三日に千家尊福は薨去。七十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA