陸奥宗光

概要

 陸奥宗光(むつ むねみつ)天保十五年甲辰(きのえたつ41)七月七日(1844年8月20日)生誕- 明治三十(1897)年八月二十四日薨去(五十三歳)は、江戸時代末期の紀州藩士。明治時代の外交官、政治家。明治初期に行われた版籍奉還、廃藩置県、徴兵令、地租改正に大きな影響を与えた。江戸時代までの通称は陽之助(ようのすけ)。

経歴

 天保十五年甲辰(きのえたつ41)七月七日(1844年8月20日)に、紀伊国和歌山(現、和歌山県和歌山市吹上3丁目)の紀州藩士・伊達宗広と政子(渥美氏)の六男として誕生。幼名は牛麿(うしまろ)。

 安政五年(1858年)に江戸に出て安井息軒に師事する。その後は水本成美(みずもとなるみ)に学び、土佐藩の坂本龍馬、長州藩の桂小五郎(木戸孝允)・伊藤俊輔(伊藤博文)などの志士と交友を持つようになる。

 文久三年(1863年)に泊園書院(はくえんしょいん)(現、関西大学)で学んだのちに勝海舟の神戸海軍操練所に入り、慶応三年(1867年)に坂本龍馬の海援隊(前身は亀山社中)に加わるなど、終始坂本と行動をともにした。

 明治維新後は岩倉具視の推挙により、外国事務局御用係となる。戊辰戦争に際し、局外中立を表明していたアメリカと交渉し、甲鉄艦として知られるストーンウォール号の引き渡し締結に成功し、その際、未払金十万両があったが財政基盤の脆弱だった新政府には払えなかった。これを大阪の商人達に交渉し、一晩で借り受けることに成功する。兵庫県知事、神奈川県令、地租改正局長などを歴任する。大阪会議で政府と民権派が妥協し、その一環で設置された元老院議官となる。

 明治十年(1877年)の西南戦争の際、土佐立志社の林有造・大江卓らが政府転覆を謀ったが、陸奥は土佐派と連絡を取り合っていた。翌年にこのことが発覚し、除族のうえ禁錮5年の刑を受け、投獄された。

 山形監獄に収容された陸奥は、イギリスの功利主義哲学者ジェレミ・ベンサム(Jeremy Bentham)の著作の翻訳にも打ち込んだ。出獄の後の明治十六年(1883年)にベンサムの『Principles of Moral and Legislation(道徳および立法の諸原理)』は「利学正宗」の名で刊行されている。

 明治十六(1883)年一月に特赦によって出獄を許され、伊藤博文の勧めもあってヨーロッパに留学する。明治十七年(1884年)にロンドンに到着した陸奥は、西洋近代社会の仕組みを知るために猛勉強した。ロンドンで陸奥が書いたノートが今も7冊残されている。

 明治十九(1886)年二月に帰国し、十月に外務省に出仕した。明治二十一年(1888年)に駐米公使となり、同年、駐米公使兼駐メキシコ公使として、メキシコ合衆国との間に日本最初の平等条約である日墨修好通商条約(にちぼくしゅうこうつうしょうじょうやく)を締結することに成功する。

 帰国後、第一次山縣内閣の農商務大臣に就任。明治二十三年(1890年)に大臣在任中に第一回衆議院議員総選挙に和歌山県第1区から出馬し初当選を果たし、1期を務めた。閣僚中唯一の衆議院議員であり、かつ日本の議会史上初めてとなる衆議院議員の閣僚となった。

 その後、第二次伊藤内閣に迎えられ外務大臣に就任。明治二十八年(1895年)に下関条約を調印し、日清戦争を日本にとって有利な条件で終結させた。

 明治三十(1897)年八月二十四日に陸奥宗光は薨去。五十三年の生涯を終えました。

伝記・評伝


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA