青木周蔵

概要

 青木周藏(あおき しゅうぞう)天保十五年甲辰(きのえたつ41)一月十五日(1844年3月3日)生誕 -大正三(1914)年二月十六日薨去(六十九歳)は、明治時代の外交官、政治家。栄典は正二位勲一等子爵。

経歴

 天保十五年甲辰(きのえたつ41)一月十五日(1844年3月3日)に長門国厚狭郡生田村(現、山口県山陽小野田市)出身。幼名は三浦團七。長州藩の村医・三浦玄仲の長男として誕生。二十二歳の時、青木研蔵の養子となって士族となる。周藏と改名し、研藏の娘・テルと結婚する。

 明倫館で学んだ後、長崎での医学修行を経て明治元年(1868年)に藩留学生として、土佐藩士・萩原三圭と共にドイツへ留学。渡独後、医学から政治、経済学に無断転科し問題となったが、来独中の山縣有朋に談判して解決させた。明治5年(1872年)に北ドイツ留学生総代となり在独留学生の専攻科目決定に介入し、物議をかもす。当時の留学生の専攻は軍事、医学に集中しており、青木の真意は日本近代化には専攻を分散することの必要を説くことだった。

 明治六年(1873年)に外務省へ入省する。外務省一等書記官を経て本省に勤務したが、明治七年(1874年)に駐独代理公使、さらに駐独公使となってドイツに赴任、プロセイン貴族の令嬢エリザベートと知り合う。明治八年(1875年)にオーストリア=ハンガリー帝国公使を兼任した。明治九年(1876年)にエリザベートと結婚を決意し、明治十年(1877年)に外務省の許可を得るものの、テルとの離婚が青木家から承諾を得られず、難航する。この結婚をめぐって困難があったものの、品川弥二郎らに助けられて難事を乗りこえた。

 明治十二年(1897年)に妊娠中のエリザベートを連れて帰国する。明治十五(1880年)に井上馨外務公卿の下で再度駐独公使としてベルリンに赴任。明治十九年(1886年)に第一次伊藤内閣の外務大臣井上馨のもとで外務次官となる。明治二十一年(1888年)の黒田内閣の大隈重信外相のもとで引き続き外務次官を務めた。

 明治二十二(1889)十二月二十四日に第一次山縣内閣の外務大臣に就任する。。明治二十五年(1892年)に駐独公使としてドイツに赴任した。後任の外相には陸奥宗光が抜擢され、陸奥は青木に駐イギリス公使を兼任させた。明治三十一年(1898年)に第二次山縣内閣で再び外務大臣に就任する。

 大正三(1914)年二月十六日に青木周蔵は薨去。六十九年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA