品川弥二郎

概要

 品川 弥二郎(しながわ やじろう)天保十四年癸卯(みずのとう40)閏九月二十九日(1843年11月20日)生誕-明治三十三(1900)年二月二十六日薨去(五十六歳)は、江戸時代末期の長州藩士。明治時代の政治家。栄典は従二位勲一等子爵。名は省吾、弥吉。号は扇洲。

経歴

 天保十四年癸卯(みずのとう40)閏九月二十九日(1843年11月20日)に、長州藩の足軽・品川弥市右衛門と池田六左衛門の長女まつの長男として誕生。

 安政五年(1858年)に松下村塾に入門して吉田松陰から教えを受けるが、安政六年(1859年)に安政の大獄で松陰が刑死すると、高杉晋作らと行動を共にして尊王攘夷運動に奔走し、英国公使館焼き討ちなどを実行している。

 明治維新後の明治三年(1870年)に渡欧して普仏戦争(ふふつせんそう)を視察するなどドイツやイギリスに留学する。内務大書記官や内務少輔、農商務大輔、駐独公使、宮内省御料局長、枢密顧問官などを歴任する。明治十七年(1884年)に維新の功により子爵を授けられる。

 明治二十四年(1891年)に第一次松方内閣の内務大臣に就任する。民間にあっては、獨逸学協会学校(現、獨協中学・高校。獨協大学)や旧制京華中学校(現、京華学園)を創立し、また信用組合や産業組合の設立にも貢献している。

 明治三十三(1900)年二月二十六日に品川弥二郎は薨去。五十六年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA