伊東祐亨

概要

 伊東祐亨(いとう ゆうこう / すけゆき)天保十四年癸卯(みずのとう40)五月二十日(1843年6月17日)生誕 -大正三(1914)年一月十六日薨去(七十歳)は、江戸時代末期の薩摩藩士。明治時代の海軍軍人、元帥海軍大将。栄典は従一位大勲位功一級伯爵。初代連合艦隊司令長官。

経歴

 天保十四年癸卯(みずのとう40)五月二十日(1843年6月17日)に薩摩藩士・伊東祐典の四男として鹿児島城下清水馬場町で誕生。

 開成所でイギリスの学問を学んだ。江川英龍のもとで砲術を学び、勝海舟の神戸海軍操練所で塾頭の坂本龍馬らと共に航海術を学ぶ。薩英戦争に従軍。薩摩藩邸焼き討ち事件で江戸から脱出し、戊辰戦争で旧幕府海軍との戦いで活躍した。

 明治維新後は、海軍に入り、明治四年(1871年)に海軍大尉に任官。明治十年(1877年)に「日進」の艦長に補せられた。明治十五年(1882年)に海軍大佐に任官、「龍驤」、「扶桑」、「比叡」の艦長を歴任する。

 海軍省第一局長兼海軍大学校校長を経て、明治(1892)年十二月十二日に海軍中将に任官する。明治二十六年(1893年)に常備艦隊長官を拝命し、明治二十七年(1894年)の日清戦争に際し、同年七月十八日に初代連合艦隊司令長官を拝命した。

 日露戦争で軍令部長として大本営に勤め、明治三十八年(1905年)の終戦の後は元帥に任じられた。政治権力には一切の興味を示さず、軍人としての生涯を全うした。伊東祐亨は大正三(1914)年一月十六日薨去。七十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA