西郷従道

概要

 西郷従道(さいごう じゅうどう / つぐみち:旧字体:西鄕從道)天保十四年癸卯(みずのとう40)五月四日(1843年6月1日)生誕 -明治三十五(1902)年七月十八日薨去(五十九歳)は江戸時代末期の薩摩藩士。明治時代の陸軍および海軍軍人、政治家。階級は元帥海軍大将。栄典は従一位大勲位功二級侯爵。

経歴

 天保十四年癸卯(みずのとう40)五月四日(1843年6月1日)に薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場(下加治屋町方限)に、西郷吉兵衛の三男として誕生(幼名、竜助)。西郷隆盛の弟。

 剣術は薬丸兼義(やくまるかねよし)に薬丸自顕流を、兵学は伊地知正治に合伝流を学んだ。有村俊斎の推薦で薩摩藩主・島津斉彬に出仕し、茶坊主となって竜庵と号する。

 文久元年九月三十日(1861年10月6日)に還俗し、本名を隆興、通称をを信吾(慎吾)と改名。斉彬を信奉する精忠組に加入し、尊王攘夷運動に身を投じる。

 文久二年(1862年)に勤王倒幕のため京都に集結した精忠組内の一党に参加するも、寺田屋事件で藩から弾圧を受け、従道は年少のため帰藩謹慎処分となる。文久三年(1863年)に薩英戦争が勃発すると謹慎が解かれ、西瓜売りを装った決死隊に志願する。戊辰戦争では、鳥羽伏見の戦いで貫通銃創の重傷を負うも、各地を転戦した。

 明治維新後の明治二年(1869年)に山縣有朋と共に渡欧し軍制を調査。明治三年七月(1870年8月)に横浜に帰着。同年八月二十二日(1870年9月17日)に兵部権大丞に任じられ、正六位に叙せられる。明治四年七月(1871年8月)に陸軍症状となる。

 明治六年(1873年)に兄の西郷隆盛が征韓論をめぐり下野する(明治六年政変)。薩摩藩出身者の多くが従うが、従道は政府に留まった。明治七年(1874年)に陸軍中将となる。西南戦争では兄の隆盛に従わず、陸軍卿代理に就任し政府の留守を守った。

 内閣制度発足で初代海軍大臣に任命されると、山本権兵衛を海軍省官房主事に抜擢して大いに腕を振るわせ、日本海軍を日清・日露の戦勝に導いた。明治二十五(1892年)には元老として枢密顧問官に任じられる。

 明治三十五(1902)年七月十八日に西郷従道は薨去。五十九年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA