有地品之允

概要

 有地品之允(ありちしなのじょう)天保十四年癸卯(みずのとう40)三月十五日(1843年4月14日)生誕 -大正八(1919)年一月十七日薨去(七十五歳)は政治家、海軍中将、貴族院議員。男爵。別名・信政。

経歴

 天保十四年癸卯(みずのとう40)三月十五日(1843年4月14日)に長州藩士で武術指南役(1000石)であった有地藤馬の長男として誕生。

 戊辰戦争では干城隊士として奥羽に出陣した。明治二年(1869年)から明治四年(1871年)まで欧州へ出張して普仏戦争(ふふつせんそう)を視察。帰国後に陸軍少佐、御親兵六番大隊長となり、明治四年(1871年)から明治六年(1873年)まで侍従を務める。明治六年(1873年)に海軍に転じ、海軍少佐となって提督府分課に勤務。明治十四年(1881年)に「日進」艦長に就任。明治十五年(1882年)に海軍大佐に昇進し、海防艦「比叡」、「筑波」艦長を歴任する。

 「筑波」艦長であった明治十七年(1884年)に遠洋航海に出発した。乗組員に多数の脚気患者が発生し、23名が死亡していた。そこで、海軍軍医・高木兼寛(たかきかねひろ)の指導でカレーライスを導入した結果、脚気患者の発生が激減し、一人の死者も出ることがなかった。

 明治二十年(1887年)に海軍兵学校校長となり、教育に柔道を導入している。明治二十五(1892)年十二月十二日に海軍中将・呉鎮守府司令長官となり日清戦争を迎えた。明治二十八(1895)年五月に再び常備艦隊司令長官となり連合艦隊司令長官を兼務した。

 明治二十九年(1896年)に男爵に叙せられ、明治三十年(1897年)から大正六(1917)年四月三十日までの10年間、貴族院議員を務めた。大正八(1919)年一月十七日有地品之允は薨去。七十五年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA