弘世助三郎

概要

 弘世助三郎(ひろせ すけさぶろう)天保十四年癸卯(みずのとう40)一月三日(1843年2月1日)生誕 -大正二(1913)年十一月十七日逝去(七十歳)実業家、政治家。

経歴

 天保十四年一月三日(1843年2月1日)に近江国彦根(現在の滋賀県彦根市)に素封家・川添家の次男として誕生。おじに当たる商人の弘世助市の養子になる。

 明治十二(1879)年四月に第百三十三国立銀行(現、滋賀銀行)が設立。弘世は取締役支配人に就任する。のちに頭取となる。明治十九年(1886年)に滋賀県会議員に当選する。

 明治二十二(1889)年七月四日に弘世は関西財界の重鎮の鴻池善右衛門らの協力を取り付け、有限責任日本生命会社(現、日本生命保険相互会社)を大阪で共に創設する。

 大正二(1913)年十一月十七日に弘世助三郎は七十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA