大山巌

概要

 大山 巌(おおやま いわお:正字: 大山 巖)天保十三年壬寅(みずのえとら39)十月十日(1842年11月12日)生誕 -大正五(1916)年十二月十日薨去(七十四歳)は、江戸時代末期の薩摩藩士。明治時代の陸軍軍人、政治家。幼名は岩次郎。通称、弥助。雅号は赫山、瑞岩。字は清海。称号・階級は元帥陸軍大将。栄典。(位階勲等爵位)は従一位大勲位功一級公爵。

経歴

 天保十三年壬寅(みずのえとら39)十月十日(1842年11月12日)に薩摩国鹿児島城下加治屋町柿本寺通(下加治屋町方限)に薩摩藩士・大山剛昌(彦八)の次男として誕生。

 薩摩藩士の有馬新七等に影響されて過激派に属したが、文久二年(1862年)の寺田屋事件では公武合体派によって鎮圧され、大山は帰国謹慎処分となる。薩英戦争に際して謹慎を解かれ、砲台に配属された。幕臣・江川英龍の塾で黒田清隆らとともに砲術を学ぶ。

 戊辰戦争では新式銃隊を率いて、鳥羽伏見の戦いや会津戦争などの各地を転戦。12ドイム臼砲や四斤山砲の改良も行い、これら大山の設計した砲は「弥助砲」と称された。

 明治維新後の明治二年(1869年)に渡欧して晋仏戦争などを視察。明治三年(1870年)から明治六年(1873年)の間はジュネーブに留学した。西南戦争をはじめ、相次ぐ士族反乱を鎮圧した。西南戦争では政府軍の指揮官(攻城砲隊司令官)として従軍した。

 日清戦争では陸軍大将として第二司令官となった。明治三十二(1899)年五月十六日には参謀総長に就任し、元帥に列せられた。日露戦争では元帥陸軍大将として満州軍総司令官を務め、日清日露ともに日本の勝利に大きく貢献した。

 大正四年(1915年)には内大臣となり、宮中入りした。大山巌は大正五(1916)年十二月十日薨去。七十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA