伊藤忠兵衛 (初代)

概要

 初代 伊藤 忠兵衛 (しょだい いとう ちゅうべえ)天保十三年壬寅(みずのえとら39)七月二日(1842年8月7日)生誕 -明治三十六(1903)年七月八日逝去(六十一歳)は商人、実業家。伊藤忠商事と丸紅の2つの大手総合商社を創業し、多角的経営によって伊藤忠財閥を形成した。

経歴

 天保十三年壬寅(みずのえとら39)七月二日(1842年8月7日)は近江国犬上郡豊郷村(現、滋賀県犬上郡豊郷町)で五代目伊藤長兵衛の次男として誕生。生家は紅長(べんちょう)の屋号で耳付物という繊維品の小売をし、また1、2町の田地を自作する手作りの地主でもあった。伊藤家は、この初代伊藤忠兵衛と兄の六代目伊藤長兵衛が、近江湖東の犬上郡甲良郷八目村(犬上郡豊郷町八目)で安政五(1858)年五月に近江麻布類の持ち下り商を開業し、堺や紀州に行商したのにはじまる。伊藤忠も丸紅も、この年を創業年としている。

 兄の長兵衛は国元で仕入れに当たり、のちに博多新川端で伊藤長兵衛商店を開業した。弟の忠兵衛は、明治五(1872)年一月に大阪本町二丁目に呉服・太物店をはじめ紅忠(べんちゅう)と称して、麻布類・尾濃織物・関東織物を取り扱った。この2つが合併・分割を繰り返して現在の伊藤忠・丸紅につながっている。

 紅忠は開店と同時に店法を定め、利益三分主義をとった。これは、店の純利益は本家納め・本店積立金・店員配当に分かち、これを 5:3:2 の配分率にして「三つ割銀」といった。店員への配当を割くことによって勤労意欲を喚起したもので、これは伝統的な近江商法に拠ったものである。また忠兵衛は真宗の信仰に厚く、津村別院へ熱心に通い、「商売は菩薩の業」と説いて多数の人材を育て、財産を分かつことを商売繁盛の本道としていた。

 明治三十六(1903)年七月八日伊藤忠兵衛 (初代)は逝去。六十一年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA