野津道貫

概要

 野津道貫(のづ みちつら / どうがん)天保十二年辛丑(かのとうし38)十一月五日(1841年12月17日)生誕 -明治四十一(1908)年十月十八日薨去(六十六歳)は、江戸時代末期の薩摩藩士。明治時代の陸軍軍人、貴族院議員、東部都督、教育総監、第四軍司令官を歴任。通称、七次。諱、道貫。最終階級、元帥陸軍大将正二位大勲位功一級侯爵。

経歴

 天保十二年辛丑(かのとうし38)十一月五日(1841年12月17日)に鹿児島城下高麗町の下級藩士・野津鎮圭の二男として生まれる。幼くして両親を亡くした。薬丸兼義に薬丸自顕流(やくまるじげんりゅう)を学ぶ。戊辰戦争六番小隊長として参加。その活躍がめざましく、鳥羽伏見の戦い、会津戦争、二本松の戦い、箱館戦争に参戦。

 明治十(1877)年二月に西南戦争で政府軍第二旅団参謀長として出征。同年五月から八月まで豊後国指揮官を務めた。その後、日本陸軍上層部の一人となる。明治十一(1878)年十一月に陸軍少将に昇進し陸軍省第二局長に就任。その後、東京鎮台司令長官、同鎮台司令官を歴任。明治十七(1884)年二月から翌年一月まで陸軍卿・大山巌の欧州出張に随行。同年7月、子爵を叙爵し華族となる。明治十八(1885)年二月から四月まで清国に出張。同年五月、陸軍中将に進み広島鎮台司令官に就任。

 明治二十一(1888)年五月に第五師団に親補され、明治二十七(1894)年八月に日清戦争に出征。さらに第一軍司令官に転じた。明治二十八(1895)年三月に陸軍大将となり、同年八月に伯爵を叙爵。十一月に近衛師団長に親補され、東京防禦総督部、東部都督、教育総監、軍事参議官を歴任する。

 明治三十七(1904)六月に第四軍司令官に就任し、日露戦争に参戦。明治三十九(1906)年一月に元帥の称号を戴く。明治四十(1907)年九月に侯爵に陞爵。同月より翌年十月まで、貴族院議員を務めた。明治四十一(1908)年十月六日に大勲位菊花大綬章を受ける。

 明治四十一(1908)年十月十八日に野津道貫は薨去。六十六年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA