藤田伝三郎

概要

 藤田傳三郎(ふじた でんざぶろう)天保十二年辛丑(かのとうし38)五月十五日(1841年7月3日)生誕 – 明治四十五(1912)年三月三十日逝去(七十歳)は、実業家。明治時代の大阪財界の重鎮で、藤田財閥の創立者。有能な経営者を多数育て、美術品の収集家、慈善事業家。号は香雪。

経歴

 天保十二年辛丑(かのとうし38)五月十五日(1841年7月3日)に長州藩・萩(現山口県萩市)の酒屋の四男に誕生。家業は醸造業のほか、藩の下級武士に融資をおこなう掛屋を兼営していた。高杉晋作に師事して奇兵隊に入隊した。

 明治二年(1869年)に長州藩が陸運局を廃止して大砲・小銃・砲弾・銃丸などを払い下げた時、藤田はこれらを一手に引き受け、大阪に搬送して巨利を得た。同年、大阪に出て革靴の製造からスタートし、建設業に手を広げた藤田は、明治十年(1877年)の西南戦争で陸軍に被服、食糧、機械、軍靴を納入、人夫の斡旋までして、三井・三菱と並ぶ利益をあげた。

 明治十一(1878)年十二月に各府県から政府に納められた国庫金の中から贋札が発見され、政府内は騒然となった。やがて明治十二(1879)年九月十五日に「ドイツ滞在中の井上馨と組んで現地で贋札を製造して秘かに持ち込んで会社の資金にしようと企てた」という疑惑によって藤田伝三郎ら7名は拘引され東京に移送される(藤田組贋札事件)。3年後の明治十五(1882)年九月二十日に医師兼画家工・熊坂長庵から2円紙幣の贋札(2000枚行使)815枚と用紙及び印刷器具が押収され、藤田伝三郎の冤罪が晴れた。

 贋札事件の直後は陸軍や大阪府からの発注が途絶え、苦境に立たされた。しかし明治十四年(1881年)にそれまでの藤田傳三郎商社を藤田組に組織替えして再出発を図った。藤田組は鉄道建設をはじめ、大阪の五大橋の架橋、琵琶湖疎水などの工事を請け負い、建設業で躍進すると共に明治十六年(1883年)に大阪紡績(東洋紡の前身)を立ち上げ、紡績業にも進出した。

 大阪の財界活動にそれなりの足跡を残した。特にもめ事の調停役として力を発揮した。大阪商法会議所(商工会議所)の設立では発起人となり、明治十八年(1885年)に五大友厚のあとの第二代目会頭となった。

 藤田は明治四十四(1911)年八月二十五日に民間人で初めて男爵に叙されたが、それは桂太郎と岩下清周の協力の賜物であった。藤田が集めた美術品は「藤田コレクション」として名高い。大阪市都島区網島町の旧藤田邸跡にある藤田美術館には、藤田と息子平太郎と徳次郎が集めた国宝9点、重要文化財51点を含む数千点が収納されている。藤田の大阪本邸は太閤園、東京別邸は椿山壮、箱根別邸は箱根小涌園、京都別邸はホテルフジタ京都に衣替えし、藤田観光が経営する。

 明治四十五(1912)年三月三十日藤田伝三郎は逝去。七十年の生涯を終えました。

伝記・評伝


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA