後藤象二郎

概要

 後藤象二郎(ごとう しょうじろう)天保九年戊戌(つちのえいぬ35)三月十九日(1838年4月13日)生誕 -明治三十(1897)年8月4日薨去(五十九歳)江戸時代末期の土佐藩士。明治時代の政治家、実業家。栄典は正二位勲一等伯爵。

経歴

 天保九年戊戌(つちのえいぬ35)三月十九日(1838年4月13日)に土佐藩士・後藤正晴(馬廻格・150石)の長男として高知城下片町に誕生。少年期に父を失い義理の叔父・吉田東洋に預けられて育ち、東洋が開いた少林塾に学ぶ。

 安政五年(1858年)に東洋の推挙によって幡多郡(はたぐん)奉行となる。その後土佐藩の大坂藩邸建築のための普請奉行となる。文久元年(1861年)に御近習目付となるが、翌文久二年(1862年)に東洋が暗殺されると任を解かれた。文久三年(1863年)に勉学のため江戸に出府。開成所で大鳥圭介に英語を学び、会津藩藩士・高橋金兵衛に航海術を学んだ。元治元年(1864年)に藩政に復帰した。前藩主で事実上藩政を執っていた山内容堂の信頼を得て大監察や参政に就き、公武合体派の急先鋒として活躍した。

 明治維新後の新政府では大阪府知事や参与、左院議長、参議、工部大輔などの要職に就くが、明治六年(1873年)の征韓論争に敗れて板垣退助、西郷隆盛らと共に下野する(明治六年政変)。

 明治七年(1874年)に政治資金を調達するため商社「蓬萊社(ほうらいしゃ)」を設立する。明治十四年(1881年)に自由党の結成に際しては、板垣退助に次ぐ副党首格で参加した。

 明治十五年十一月十一日に後藤は板垣とともに横浜から欧州に渡り、仏、独、英を歴訪し、翌年六月二十二日に帰国した。後藤は明治二十一(1888)年四月に黒田清隆内閣で逓信大臣に就任する。

 明治三十(1897)年8月4日に後藤象二郎は薨去。五十九年の生涯を終えました。

伝記・評伝


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA