岡田以蔵

概要

 岡田以蔵(おかだいぞう)天保九年戊戌(つちのえいぬ35)一月二十日(1838年2月14日)生誕-慶応元年閏五月十一日(1865年7月3日)逝去(二十八歳)は江戸時代末期の土佐藩士。司馬遼太郎の小説名から「人斬り以蔵」の名でも知られる。諱は宜振(読みについては「よしふる」の他「たかのぶ」、「のぶたつ」等諸説あり不明)。幕末の四大人斬りの一人。

 天保九年戊戌(つちのえいぬ35)一月二十日(1838年2月14日)に土佐国香美郡(かみぐん)岩村(現、高知県南国市)に、二十石六斗四升五合の郷士・岡田義平の長男として生まれる。

 武市瑞山(たけちずいざん)(半平太)に師事し、一刀流中西派(いっとうりゅうなかにしは)の麻田直養(勘七)に剣術を学ぶ。安政三(1856)年九月、瑞山とともに江戸に出府して剣術を学ぶ。翌年九月、土佐に帰る。万延元(1860)年八月より、時勢探索に赴く瑞山に従って、同門の久松喜代馬、島村外内らと共に、中国・九州で武術修行を行う。文久元(1861)年五月ごろ、江戸に出て、翌年四月土佐に帰る。その間の文久元(1861)年八月に武市の結成した土佐勤王党に加盟。文久二(1862)年六月、参勤交代の衛士に抜擢され、瑞山らと共に参勤交代の列に加わり京へ上る。

 以蔵は瑞山在京時の文久3(1863)年一月に脱藩して江戸へ向かい、二月より高杉晋作のもとで居候となる。同志と疎遠になった後は、一時期坂本龍馬の紹介で勝海舟の元に身を寄せたが行方知れずとなり、後述する洛中洛外払いの際は脱藩者であることから無宿者として処断されている。その後八月十八日の政変で土佐勤王党は衰勢となる。

 土佐藩では吉田東洋暗殺、および京洛における一連の暗殺に関して、首領・武市瑞山を含む土佐勤王党の同志がことごとく捕らえられていた。以蔵は女も耐えたような拷問に泣き喚き、武市に「以蔵は誠に日本一の泣きみそであると思う」と酷評されている。間もなく以蔵は、拷問に屈して自分の罪状および天誅に関与した同志の名を自白し、その自白によって新たに逮捕される者が続出するなど、土佐勤王党の崩壊のきっかけとなる。以蔵の自白がさらに各方面へ飛び火することを恐れた獄内外の同志によって、以蔵のもとへ毒を差し入れる計画まで浮上したが、瑞山が強引な毒殺には賛同しなかったこと、以蔵の親族からの了承を得られなかったこともあり、結果的には、獄の結審に至るまで毒殺計画が実行されることは無かった。慶応元年閏五月十一日(1865年7月3日)に打ち首となり二十八年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA