津田仙

概要

 津田仙(つだ せん)天保八年丁酉(ひのととり34)七月六日(1837年8月6日)生誕 – 明治四十一(1908)年四月二十四日逝去(七十歳)は、農学者、キリスト者。学農者創立者。青山学院大学・筑波大学付属盲学校の創立に関わる。また、日本で最初に通信販売を行った人物でもある。同志社大学の創始者新島襄、人間の自由と平等を説いた東京帝国大学教授の中村正直とともに、“キリスト教界の三傑”とうたわれた。明六社会員。

経歴

 天保八年丁酉(ひのととり34)七月六日(1837年8月6日)に、父・下総国佐倉藩、堀田氏の家臣小島良親(善右衛門)三男に佐倉城内で誕生。幼名は千弥。嘉永四年(1851年)に元服して桜井家の養子となる。文久元年(1861年)に津田家の初子と結婚し婿養子となり、津田姓を名乗る。

 十五歳で佐倉藩藩校、成徳書院(現在の千葉県立佐倉高等学校の前身)で学び、藩主・堀田正睦(ほった まさよし)の洋学気風もあり、藩命でオランダ語、英語の他、洋学や砲術を学ぶ。安政二年(1855年)に出仕し、江戸では蘭学塾へ入門し英語などを学ぶ。文久元年(1861年)外国奉行の通訳として採用された。慶応三年(1867年)に幕府発注の軍艦引取り交渉のためアメリカへ派遣されるのにともない、津田仙、福沢諭吉、尺振八の3人が通訳として随行する。

 明治維新後の明治二年(1869年)に築地の洋風旅館、築地ホテル館に勤め、西洋野菜の栽培などを手がける。明治四年(1871年)に明治政府が設立した開拓使の嘱託となり、女子教育に関心のあった開拓次官の黒田清隆が、政府が派遣する岩倉使節団に女子留学生を随行させることを企画すると、娘の梅子を応募する。使節団が出発した翌月には開拓使を辞職。

 民部省に勤めたのち、明治六年(1873年)に、ウイーン万国博覧会に副総裁として出席する佐野常民(日本赤十字社の創設者)の書記官として随行。帰国後の明治七(1874)年五月に口述記録をまとめて『農業三事』として出版した。仙がウィーン万博から持ち帰ったニセアカシアの種子は、その後明治八年(1875年)に大手町に植えられ、これが東京初の街路樹となった。

 明治七年(1874年)に米国メソジスト監督教会婦人宣教会から日本に派遣されたドーラ・E・スクーンメーカー(Dora E. Schoonmaker)による女子小学校(後の海岸女学校)の創立に協力。明治八(1875)年一月、同じく米国メソジスト監督教会でメソジスト派信者として妻の初と共に洗礼を受ける。また、盲聾唖者の教育のため楽善会を組織する。明治九年(1876年)に東京麻布に、農産物の栽培・販売・輸入、農産についての書籍・雑誌の出版などを事業とする学農社を設立、その一環として農学校も併設した。キリスト教指導も行う。

 学農社雑誌局発行の「農業雑誌」で、明治九年(1876年)にアメリカ産トウモロコシの種の通信販売を始め、これが日本で最初の通信販売といわれている。津田仙は明治四十一(1908)年四月二十四日に逝去。七十年の生涯を終えました。

伝記・評伝

津田仙評伝―もう一つの近代化をめざした人


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA