ポール・アンソニー・サミュエルソン(Paul Anthony Samuelson)

概要

ポール・アンソニー・サミュエルソン(Paul Anthony Samuelson、1915(大正4)年 乙卯(きのとう52)5月15日生-2009(平成21)年 己丑(つちのとうし26)12月13日逝去。(94歳)は、アメリカ合衆国の経済学者です。顕示選好の弱公理、ストルパー=サミュエルソンの定理、サミュエルソン=ヒックスの乗数・加速度モデル、バーグソン=サミュエルソン型社会厚生関数、新古典派総合などで知られてます。第1回ジョン・ベイツ・クラーク賞受賞(1947年)、第2回ノーベル経済学賞受賞(1970年)を受賞しました。

経歴

 1915年にインディアナ州ゲーリーのユダヤ人家庭に生まれました。大恐慌の最中であった1932年に16歳でシカゴ大学入学、1935年に卒業しました。その後、1936年にハーバード大学大学院に進学し、1941年に博士号を取得しました。シカゴ大学でシカゴ学派から価格理論を学び、ハーバード大学で数学と物理学を学びました。この学問がサミュエルソンの理論的性格を方向付けたと言われます。学位取得に先立ち、マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology:MIT)で教鞭を執り、1944年に准教授、1947年に教授となりました。

ハーバード大学
シカゴ大学
マサチューセッツ工科大学

 23歳の時に書かれた処女論文「消費者行動の純粋理論ノート」(『エコノミカ』所収)において、需要曲線が限界効用理論の助けを借りなくても、市場で観察可能な購入のみに「顕示された」選好から引き出せることを示しました(顕示選好理論)。

 著書『経済学(Economics: An Introductory Analysis)』(初版は1948年出版)において、「不完全雇用時にはケインズ的介入を行うべきであるが、ひとたび完全雇用に達すれば新古典派理論がその真価を発揮する」という新古典派総合を主張し、新古典派ミクロ経済学とケインズ主義マクロ経済学の関係性についての見解を示しました。なお、本書は経済学の教科書として全世界で一千万部を超えるベストセラーとなっております。2009年逝去されました。経済学において新古典派総合の創出をした94年の生涯でした。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サムエルソン 経済学 上下巻セット 単行本

都留重人 (翻訳)

出典 https://www.amazon.co.jp

サムエルソン 経済学〈上〉 (日本語) 単行本 – 1992/5/15
P.A. サムエルソン (著), W.D. ノードハウス (著), Paul A. Samuelson (原著), & 2 その他

サムエルソン 経済学〈下〉 (日本語) 単行本 – 1993/6/29
P.A. サムエルソン (著), W.D. ノードハウス (著), Paul A. Samuelson (原著), & 2 その他


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA