板垣退助

概要

 板垣 退助(いたがき たいすけ)天保八年丁酉(ひのととり34)四月十七日(1837年5月21日)生誕 -大正八(1919)年七月十六日薨去(八十二歳)は、江戸時代末期の土佐藩士。勤王志士。軍人、政治家。自由民権運動の主導者。従一位勲一等伯爵。「憲政の父・国会を創った男」として知られる。

経歴

 天保八年丁酉(ひのととり34)四月十七日(1837年5月21日)に、土佐藩上士(馬廻格・300石)乾正成(いぬいまさしげ)の嫡男として、高知城下中島町(現、高知県高知市本町通2丁目)に誕生。少年期は腕白そのもので、義侠心に富み、弱い者いじめをする者には敢然と喧嘩で応戦したという。

 大叔父・谷村自雄(たにむらよりかつ)(第十五代宗家)より無双直伝英信流(むそうじきでんえいしんりゅう)居合を習い、若くして後継者の一人と目されて林政敬(はやしまさたか)(第十四代宗家)の孫娘を最初の妻に迎えるがのち離縁。次に親族・中山弥平治秀雅の次女を妻に娶るも、程無く離縁している。

 安政三年八月八日(1856年9月6日)に係争に加わり罪を得て、高知城下の四ヶ村(小高坂・潮江・下知・江ノ口)の禁足を命ぜられ神田村に謫居となる。廃嫡の上、追放という重い処分であったが、ここでも身分の上下を問わず庶人と交わる機会を得た。この同じ時、蟄居の身であった吉田東洋は退助の寓居を訪れて自塾への就学を奨励したが、退助はその申し出を断る。

 一時は家督相続すら危ぶまれたが、藩主の代替わりの恩赦によって、廃嫡処分を解除され、高知城下へ戻ることを許された。文久元年十月二十五日(1861年11月27日)に江戸留守居役兼軍備御用を仰付けられ、江戸へ向かう。

  文久二年十月十七日(1862年12月8日)夜に、山内容堂の御前において、寺村道成と時勢について対論に及び、退助は尊王攘夷を唱える。文久三年(1863年)に京都での八月十八日の政変後に土佐藩内でも尊王攘夷活動に対する大弾圧が始まると、退助は藩の要職を外されて失脚する。

 慶応三年九月六日(1867年10月3日)に、大監察に復職した退助は薩土倒幕の密約をもとに藩内で武力倒幕論を推し進め、旧土佐勤皇王党員らを釈放させた。これにより、七郡勤王党の幹部らが議して、退助を盟主として討幕挙兵の実行を決断した。

 退助の主導のもと、軍制近代化と武力討幕論に舵を切ったが後藤象二郎が「大政奉還論」を献策すると、藩論は過激な武力討幕論を退け、大政奉還論が主流となる。退助は武力討幕の意見を曲げず、大政奉還論を「空名無実」と批判し「徳川300年の幕藩体制は、戦争によって作られた秩序である。ならば戦争によってでなければこれを覆えすことは出来ない。話し合いで将軍職を退任させるような、生易しい策は早々に破綻するであろう」と真っ向から反対する意見を言上したことで全役職を解任されて失脚した。

 慶応三年十二月九日(1868年1月3日)に明治天皇より「王政復古の大号令」が発せられた。鳥羽伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発した。退助は岩倉具視の助言を容れ軍略を練り先祖・板垣信方ゆかりの甲州進軍に備え、名字を板垣に復し「板垣正形」と名乗る。名将・板垣信方の名に恥じぬよう背水の陣で臨んだ。

 明治三年閏十月二十四日(1870年12月16日)に高知藩の大参事となった板垣は、国民皆兵を断行するため海路上京し、「人民平均の理」を布告する事を太政官に具申。その許可を得て山内豊範の名をもって全国に先駆けて「人民平均の理」を布告し四民平等に国防の任に帰する事を宣した。

 明治六年(1873年)に書契問題に端を発する度重なる朝鮮国の無礼に世論が沸騰し、板垣は率先して征韓論を主張するが、欧米視察から帰国した岩倉具視ら穏健派によって閣議決定を反故にされる(征韓論争)。これに激憤した板垣は西郷隆盛らとともに下野。世論もこれを圧倒的に支持し、板垣・西郷に倣って職を辞する官僚が600名あまりに及び、板垣と土佐派の官僚が土佐で自由民権を唱える契機となった(明治六年政変)。

 明治十四年(1881年)に10年後に帝国議会を開設するという国会開設の詔が出されたのを機に、自由党を結成して総理(党首)となった。帝国議会開設を控えて高知にいた板垣は愛国公党を再び組織し、第1回衆議院議員総選挙に対応した。明治二十三年(1890年)の帝国議会開設後には旧自由党各派を統合して立憲自由党を再興した。翌年には自由党に改称して党総理に就任した。

 明治二十九年(1896年)に議会内で孤立していた自由党は第二次伊藤内閣と協力の道を歩み、板垣は内務大臣として入閣した。明治三十一年(1898年)に対立していた大隈重信の進歩党と合同して憲政党を組織し、日本初の政党内閣である第一次大隈内閣に内務大臣として入閣する。そのためこの内閣は通称・隈板内閣(わいはんないかく、大隈の「隈」と板垣の「板」を合わせたもの)とも呼ばれる。

 大正八(1919)年七月十六日に板垣退助は八十二年の生涯を終えました。

伝記・評伝

板垣退助 (歴史人物シリーズ―幕末・維新の群像)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA