ミルトン・フリードマン(Milton Friedman)

概要

ミルトン・フリードマン( Milton Friedman、1912(大正元)年 壬子(みずのえね49)7月31日生-2006(平成18)年 丙戌(ひのえいぬ23)11月16日逝去。(94歳)は、アメリカ合衆国の経済学者です。ケインズ経済学から転向して、古典派経済学とマネタリズム、市場原理主義・金融資本主義を主張し、ケインズの総需要管理政策を批判しました。共和党支持者。1976年、ノーベル経済学賞を受賞しました。リーマンショックと今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響での経済不況において、フリードマンの説の限界を指摘されております。

経歴

 ハンガリー東部(現在はウクライナの一部となっているザカルバッチャ州)からのユダヤ系移民の子としてニューヨークで生まれました。父親は工場経営者でした。

 奨学金を得て、15歳で高校を卒業しました。ラトガーズ大学で学士を取得後、世界恐慌の中で、シカゴ大学で経済学を専攻し、修士を取得しました。コロンビア大学でサイモン・クズネッツ(1971年ノーベル経済学賞受賞)の指導を受け博士号を取得しました。

 第二次世界大戦が終わり、連邦政府の職を離れるまでは、フリードマンの経済学上の立場は、一貫してケインジアンでした。

 シカゴ学派のリーダーとして、ノーベル経済学賞受賞者を含め多くの経済学者を育てました。マネタリストの代表者として、政府の裁量的な財政政策を批判しました。政府の財政政策によってではなく、貨幣供給量と利子率により、景気循環が決定されると考えました。教育の民営化を最終目的とした、教育バウチャー(利用券)制度を提唱しました。これは、教育の競争によって、学力と貧富の格差を最大化する制度でした。主著は、『資本主義と自由』です。2006年逝去されました。市場原理主義者の94年の生涯でした。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

資本主義と自由 (日経BPクラシックス) (日本語) 単行本 – 2008/4/17

ミルトン・フリードマン (著), 村井 章子 (翻訳)

ジョン・スチュアート・ミル『自由論』、フリードリッヒ・ハイエク『隷従への道』と並ぶ自由主義(リバタリアニズム)の三大古典の1冊。出典 https://www.amazon.co.jp


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA