富岡鉄斎

概要

 富岡鉄斎(とみおかてっさい)天保七年丙申(ひのえさる33)十二月十九日(1837年1月25日)生誕- 大正十三(1924)年十二月三十一日逝去(八十七歳)は、江戸時代末期、明治・大正期の文人画家・儒学者。

経歴

 天保七年丙申(ひのえさる33)十二月十九日(1837年1月25日)に京都三条通新町東の法衣商十一屋伝兵衛富岡維叙の次男として誕生。幼名は不明。通称、猷輔、のちに道昴・道節と称し、明治のはじめ頃、一時名を鉄斎としたが、しばらくのち百錬に改名。字を無倦、号を鉄斎。別号に鉄人、鉄史、鉄崖など。

 鉄斎は耳が少し不自由であったが、幼少の頃から勉学に励み、はじめ富岡家の家学である石門心学(せきもんしんがく)を、十五歳頃から学ぶ。さらに国学・勤王思想・漢学・陽明学・詩文などを学ぶ。

 安政二年(1855年)、十八歳頃に、鉄斎は女流歌人大田垣蓮月(おおたがきれんげつ)尼に預けられ薫陶を受ける。翌年、南北合派の窪田雪鷹、大角南耕に絵の手ほどきを受け、南画を小田海僊(おだかいせん)に、大和絵を浮田 一蕙に学んだ。文久元年(1861年)に長崎に遊学した。文久二年(1862年)に画業で生計を立て始めた。

 明治維新後の三十歳から四十代半まで鉄斎は大和国石上神宮や和泉国大鳥神社の神官(宮司)を務めた。この頃、大和国の式内社加夜奈留美命神社を復興している。座右の銘である「万巻の書を読み、万里の道を往く」を実践し、日本各地を旅した。

 三十歳で鉄斎は中島華陽の娘と結婚。長女が生まれるが妻とは死別。のちに再婚し長男を授かる。明治十四年(1881年)に兄伝兵衛の死に伴い京都薬屋町に転居し、終の住処とする。明治二十六年(1893年)に京都美術学校で教員に就任し、明治三十七年(1904年)まで修身を教える。

 大正十三(1924)年十二月三十一日に富岡鉄斎は八十七年の生涯を終えました。

伝記・評伝

月刊目の眼 2019年3月号 (鉄斎さんと京都をあるく)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA