出口なお

概要

 出口 なお(でぐち なお)天保七年丁酉(ひのととり34)十二月十六日(1837年1月22日)生誕 -大正七( 1918)年十一月六日逝去(八十一歳)は、新宗教「大本」の教祖。大本では開祖と呼ばれている。

経歴

 天保七年丙申(ひのえさる33)十二月十六日(1837年1月22日)に大工の父・桐村五郎三郎と母・みの長女として福知山藩領の丹波国天田郡上紺屋町(現、福知山市字上紺屋町)に誕生。桐村家は五郎三郎の放蕩により没落。五郎三郎はなおが十一歳(十歳とも)の時コレラで急死した。なおは下女奉公に出て働くようになる。

 安政元年(1854年)に綾部の出口ゆり(なおの叔母)の強い要望により、養女となって出口家を相続するが、最初から財産争いに巻き込まれた。安政二年二月三日(1855年3月20日)に宮大工の四方豊助(婿養子となり出口政五郎の名を襲名)と結婚する。政五郎は弟子達に慕われる名大工だったが楽天家で浪費家という欠点があり、資産家だった出口家は数年で没落した。なおは出稼ぎや饅頭屋などの内職をして家計を支えた。明治二十(1887)年三月に負傷して寝たきりになっていた政五郎が死亡する。

 なおの住む丹波・綾部町は宗教色の強い土地で、明治に入ると従来の神道や仏教に加え天理教、黒住教、妙霊教、金光教、キリスト教が進出していた。当時の綾部は郡是製糸が明治二十九年(1896年)に綾部製糸が大正二年(1913年)にそれぞれ製糸工場を作っており、半農半商の田舎町から蚕糸を中心とする資本主義的商品経済の町へ急速に転換していた。

 三女・久を治癒したのが金光教亀岡教会長・大橋亀吉であり、これがなおと金光教の出会いとなる。明治二十五(1892)年一月三十日(辰年旧正月元旦)に五十六歳のなおは『艮の金神、元の国之常立神(くにのとこたちのかみ)』と宣言する神と出会う霊夢を見た。明治二十五(1892)年二月三日(旧正月五日)に本格的に『艮(うしとら)の金神』が帰神(神懸かり)した。この直に帰神(神懸り)した艮の金神こそ、この世界を創造・修理固成した元の親神である国常立尊である。大本では、この日を開教の日としている。

 明治三十一(1898)年八月、事前に幾度か啓示されていた上田喜三郎(王仁三郎)と初体面する。後に王仁三郎は大本事件における精神鑑定で『それは偉い人と思ひました、非常に人を圧する様な偉い人で、そして何とも言えない神様が憑いて居ると思ひました』となおの印象を語っている。

 大正七(1918)年十一月五日に出口なおは親しい信者数名に「今夜が峠」と呟き、遅くまで談笑した。翌日早朝に倒れ、大正七( 1918)年十一月六日午後十時三十分に逝去。八十一年の生涯を終えました。

伝記・評伝

出口なお――女性教祖と救済思想 (岩波現代文庫)

大本神諭・伊都能売神諭 他 (惟神叢書)

大本神諭火の巻 (東洋文庫)

出口なお・王仁三郎:世界を水晶の世に致すぞよ (ミネルヴァ日本評伝選)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA