川村純義

概要

 川村純義(かわむら すみよし)天保七年丙申(ひのえさる33)十一月十一日(1836年12月18日)生誕 -明治三十七(1904)年八月十二日薨去(六十七歳)は、江戸時代末期の薩摩藩士。明治時代の海軍軍人。階級は海軍大将。栄典は勲一等伯爵。通称は与十郎。

経歴

 天保七年丙申(ひのえさる33)十一月十一日(1836年12月18日)に父・薩摩藩士・川村与十郎の長男として生まれる。川村純義の妻・春子は椎原国幹の娘であり、椎原国幹の姉は西郷隆盛の母(政佐)であった。川村は西郷から実弟のように可愛がられたという。

西郷隆盛

 安政二(1855)年に江戸幕府が新設した長崎海軍伝習所へ一期生として、五大友厚などと共に薩摩藩より選抜されて入所。西郷との縁もあって重用され、慶応四(1868)年一月にはじまった戊辰戦争では薩摩藩四番隊長として各地に転戦。特に会津戦争に奮戦した。

五大友厚

 明治維新後は、明治政府の海軍整備に尽力、明治七年(1874年)に海軍ナンバー2である海軍大輔、海軍中将に任ぜられる。主要ポストを薩長閥が握る中で、川村は海軍の実質的指導者として諸事を取り仕切り、海軍創始期を担った。

 西南戦争にあたっては、私学校党の火薬庫襲撃直後、鹿児島に入り、県令・大山綱良と会談、制止に努めたが、私学校党幹部による妨害もあって不首尾に終わり帰京する。西南戦争後、参議・海軍卿に就任し、海軍整備を継続した。明治天皇からの信任が篤く、皇孫(後の昭和天皇)の養育を任じられた。

明治天皇
昭和天皇

 明治三十七(1904)年八月十二日に川村純義は薨去。六十七年の生涯を終えました。逝去後海軍大将に昇進。日本海軍で、戦死でなく死後大将に昇進したのは川村が唯一の例である。

伝記・評伝

川村純義・中牟田倉之助伝―明治海軍の創始者 (1944年)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA