加藤弘之

概要

 加藤 弘之(かとう ひろゆき)天保七年丙申(ひのえさる33)六月二十三日(1836年8月5日)生誕 -大正五(1916)年二月九日薨去(七十九歳)は江戸時代末期の幕臣。明治時代の政治学者、教育者。学位は文学博士・法学博士。旧名・誠之(あきゆき)、通称・弘蔵(こうぞう)。

経歴

 天保七年丙申(ひのえさる33)六月二十三日(1836年8月5日)に但馬国出石藩(現、兵庫県豊岡市)の藩士として同藩家老を務めた加藤家の加藤正照と、妻・錫子の長男として誕生。幼名は土代士(とよし)。

 藩校弘道館で学んだ後、長崎英語伝習所(ながさきえいごでんしゅうじょ:済美館)や致遠館(ちえんかん)でグイド・フルベッキの門弟として学ぶ。維新後は新政府に仕える身となる。

グイド・フルベッキ

 外務大丞、元老院議官、勅撰貴族院議員などを歴任、獨逸語学教会学校の第二代校長、旧東京大学法・理・文3学部の綜理を務め、のち帝国大学(現・東京大学)第二代総長を務めた。大日本教育会名誉会員。明六社会員。男爵、初代帝国学士院院長、枢密顧問官。

獨逸語学教会学校
帝国大学

 大正五(1916)年二月九日に加藤弘之は薨去。七十九年の生涯を終えました。

伝記・評伝

<優勝劣敗>と明治国家 加藤弘之の社会進化論

進化学より見たる哲学


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA