山岡鉄舟

概要

 山岡 鉄舟(鐵舟:やまおか てっしゅう)天保七年丙申(ひのえさる33)六月十日(1836年7月23日)生誕-明治二十一(1888)年七月十九日薨去(五十一歳)は、江戸時代末期の幕臣。明治時代の政治家、思想家。剣・禅・書の達人。「幕末の三舟」のひとり。

経歴

 天保七年丙申(ひのえさる33)六月十日に江戸本所で父・小野高福、母・塚原磯の四男として誕生。九歳より久須美閑適斎より神陰流(直心影流)剣術を学ぶ。弘化二年(1845年)に飛騨郡代となった父に従い、幼少時を飛騨高山で過ごす。弘法大師流入木動(じゅぼくどう)五十一世の岩佐一亭に書を学び、十五歳で五十二世を受け継ぎ、一楽斎と号す。

 嘉永五年(1852年)に父の死に伴い江戸へ帰る。井上清虎の援助により安政二年(1855年)に講武所に入り、千葉周作らに剣術、山岡静山に忍心流槍術を学ぶ。静山急死のあと、静山の実弟・謙三郎(高橋泥舟)らに望まれて、静山の妹・英子(ふさこ)と結婚し山岡家の婿養子となる。

高橋泥舟

 山岡鉄舟は江戸幕府により浪士組が結成され、取締役となる。文久三年(1863年)に徳川家茂の先供として上洛するが、間もなく清河の動きを警戒した幕府により浪士組は呼び戻され、これを引き連れ江戸に帰る。清河暗殺後は謹慎処分。

徳川家茂

 鉄舟は慶応四年(1868年)に新たに設立された精鋭隊歩兵頭格となる。江戸無血開城を決した勝海舟と西郷隆盛の会談に先立ち、徳川慶喜の使者として三月九日官軍の駐留する駿府(現、静岡市葵区)の松崎屋源兵衛宅で西郷と面会して交渉する。大枠を妥結して、江戸無血開城の立役者となった。

勝海舟
西郷隆盛
徳川慶喜

 明治維新後、鉄舟は徳川家達に従い、駿府に下る。 明治四年(1871年)に廃藩置県に伴い新政府に出仕。静岡県大参事、茨城県参事、伊万里県権令を歴任した。明治五年(1872年)に宮中に出仕し、侍従として明治天皇に仕える。区内大丞、宮内少輔を歴任した。

 山岡鉄舟は明治二十一年(1888)年七月十九日九時十五分、皇居に向かって結跏趺坐(けっかふざ)のまま絶命。五十一年の生涯を終えました。

伝記・評伝

山岡鉄舟〈決定版〉

活学新書 山岡鉄舟 修養訓

山岡鉄舟 (禅ライブラリー)

山岡鉄舟の武士道 (角川ソフィア文庫)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA