荒井郁之助

概要

 荒井 郁之助(あらい いくのすけ)天保七年丙申(ひのえさる33)四月二十九日(1836年6月12日)生誕 -明治四十二(1909)年七月十九日逝去(七十三歳)は、江戸時代末期の幕臣。明治期の官僚。初代中央気象台長。幼名は幾之助。諱は顕徳(あきのり)、後に顕理(あきよし)。

経歴

 天保七年丙申(ひのえさる33)四月二十九日(1836年6月12日)に 江戸・湯島天神下上手代町(現、東京都文京区)の組屋敷に生まれる。父は幕府御家人で後年に関東群代付の代官を務めた荒井清兵衛(顕道)の長男として誕生。荒井家には曾祖母・祖父母・2人の叔父、一人の叔母が同居する大家族であった。

 郁之助は七歳より隣家に住む六笠弘太郎や叔父の矢田堀景蔵(鴻)を師として漢学・儒学を学び、素読を始める。内山の私宅で素読を行う。十四歳で湯島の昌平坂学問所に入学する。十二歳より叔父の薦めで、下谷御徒町に道場を持つ直心影流の石川瀬平治に剣術を学び、日置流・伴道雪派と言われる鵜殿十郎左衛門から弓術を学び、神田橋の渡辺半十郎から高麗流八条家の馬術を学ぶ。十八歳より西洋砲術を学びはじめ、二十歳で幕府出仕(100俵10人扶持)。郁之助は蘭学を修めた後、軍艦操練所教授を命じられた。

昌平坂学問所

 郁之助は航海術・測量術・数学を学ぶ。文久二(1862)年九月に軍艦操練所頭取に就任。元治元(1864)年四月に講武所頭取を命じられたため海軍職を一時離れ、慶応元年(1865年)に歩兵差図役頭取となり、横浜で大鳥圭介と共にフランス式軍事伝習を受け、慶応三(1867)年五月に歩兵頭並に進級した。

大鳥圭介

 慶応四(1868)年一月に郁之助は軍艦頭を命じられて海軍職に復帰、海軍副総裁榎本武揚らと共に新政府軍支配下に置かれた江戸を脱出、箱館戦争に参戦する。箱館政権(俗に蝦夷共和国)では海軍奉行となり、宮古湾海戦および箱館湾海戦で戦う。降伏後は死刑を免れて榎本らと共に開拓使の役人として新政府に出仕し、明治九(1876)年六月に辞任して開拓使仮学校・女学校校長を勤める。

榎本武揚

 気象学・翻訳に励み、後に明治二十年(1887年)に新潟県の永明寺山(現、新潟県三条市)において皆既日食の観測を行う観測隊を率い、観測隊に参加した杉山正治が日本で初めて太陽コロナの写真撮影を成功させている。明治二十三(1890)年八月に初代中央気象台長に就任した。

 明治四十二(1909)年七月十九日に荒井郁之助は七十三年の生涯を終えました。

伝記・評伝

荒井郁之助 (人物叢書)

荒井郁之助伝―北海道教育の先駆者 (1967年)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA