澤宣喜

概要

 澤宣嘉(さわ のぶよし)天保六年丙申(ひのえさる33)十二月二十三日(1836年2月9日)生誕-明治六年癸酉(みずのととり10)(1873年)九月二十七日薨去(三十七歳)は、江戸時代末期の公卿。明治維新後、初代外務卿。

経歴

 天保六年(きのとひつじ32)十二月二十三日(1836年2月9日)に姉小路公遂の五男として誕生。後に澤為量の娘・藤子と結婚し、その婿養子(継養子)となる。安政五年(1858年)の日米修好通商条約締結の際は養父と共に勅許に反対して廷臣八十八卿列参事件に関わる。以後、朝廷内において尊皇攘夷派として活動した。

 文久三年(1863年)に会津藩と薩摩藩が結託して長州藩が京都から追放された八月十八日の政変により朝廷から追放されて都落ちする(七卿落ち)。

 慶応三年(1867年)の王政復古の後は、参与、九州鎮撫総督、長崎府知事などの要職を務め、明治二年(1869年)に外国官知事から外務卿になり、外交に携わる。明治三年(1870年)に外務卿として各国公使に対して、条約改正について条約所定の交渉期日を待って商議を開始する旨を通告し、条約改正交渉の発端をつくる。

 明治六年(1873)年九月二十七日に澤宣嘉は病気により薨去。三十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA