天璋院

天璋院

概要

 天璋院(てんしょういん) / 篤姫(あつひめ)天保六年丙申(ひのえさる33)十二月十九日(1836年2月5日)生誕-明治十六年癸未(みずのとひつじ20)(1883)年十一月二十日)逝去(四十七歳)は江戸時代末期の十三代将軍徳川家定の御台所。

経歴

 天保六年乙未(きのとひつじ32)十二月十九日(1836年2月5日)に今和泉島津家の当主・島津忠剛の長女として薩摩国鹿児島城下上竜尾町大竜寺馬場(現、鹿児島県鹿児島市大竜町の区域にあたる)で誕生。嘉永六年(1853年)、従兄である薩摩藩主・島津斉彬の養女となり、同年八月二十一日に鹿児島を陸路出立し熊本を経由して江戸藩邸に入る。

島津斉彬

  安政三年(1856年)に右大臣・近衛忠煕(このえ ただひろ)の養女となり、その年の11月に第十三代将軍・徳川家定の正室となり、年寄の幾島を伴って大奥に入った。安政五年七月六日(1858年8月14日)に家定が急死し、同年七月十六日(同年8月24日)に斉昭も逝去しました。篤姫の結婚生活はわずか1年9か月であった。家定の死を受け篤姫は、天璋院殿従三位敬順貞静大姉、通称天璋院と名乗る。

徳川家定

 家定の後継として、紀州藩主の徳川家茂が十四代将軍に就任することとなった。その後幕府は公武合体政策を進め、文久二年(1862年)に朝廷から家茂の正室として皇女・和宮が大奥へ入る。和宮と天璋院は「嫁姑」の関係にあり、皇室出身者と武家出身者の生活習慣の違いもあってか不仲だったが、後には和解した。

徳川家茂
和宮

 慶応3年(1867年)に大政奉還をしたが、その後戊辰戦争が勃発。徳川将軍家は存亡の危機に立たされた。その際、天璋院と静寛院宮は、島津家や朝廷に嘆願して徳川家の救済に尽力した。そして、江戸無血開城を前にして大奥を立ち退いた。明治十六年(1883)年十一月二十日に天璋院篤姫は四十七年の生涯を終えました。

伝記・評伝

新装版 天璋院篤姫 上下巻セット (講談社文庫)

最後の大奥 天璋院篤姫と和宮 (幻冬舎新書)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA