坂本龍馬

坂本龍馬

概要

 坂本 龍馬(さかもと りょうま)天保六年丙申(ひのえさる33)十一月十五日(1836年1月3日)生誕 -慶応三年十一月十五日(1867年12月10日)逝去(三十一歳)は、江戸時代末期の志士。土佐藩郷士。諱は直陰(なおかげ)、のちに直柔(なおなり)。通称、龍馬(竜馬)。 他に才谷梅太郎(さいたに うめたろう、さいだに うめたろう)などの変名がある。

経歴

 天保六年乙未(きのとひつじ32)十一月十五日(1836年1月3日)に 土佐国土佐郡上街本町一丁目(現、高知県高知市上町一丁目)の土佐郷士(下級武士・足軽)の坂本家に父・八平、母・幸の間の二男として誕生。兄(権平)と3人の姉(千鶴、栄、乙女)がいた。

 坂本家は質屋、酒造業、呉服商を営む豪商才谷屋の分家で、第六代・直益のときに長男・直海が藩から郷士御用人に召し出されて坂本家を興した。 土佐藩の武士階級には上士と下士があり、商家出身の坂本家は下士(郷士)だったが、分家の際に才谷屋から多額の財産を分与されており、非常に裕福な家庭だった。

 龍馬の人格形成において多大な影響を与えたのは、父・八平の後妻・伊与の前夫の実家である下田屋(川島家)といわれている。龍馬は姉・乙女とともに浦戸湾を船で渡り、当時土佐藩御船蔵のあった種崎にある川島家をたびたび訪れては、長崎や下関からの珍しい土産話などを聞いたとされる。また、世界地図や数々の輸入品を見て外の世界への憧れを高めたともいわれている。

 嘉永元年(1848年)に日根野弁治の道場に入門して小栗流を学び、非常に熱心に稽古し、5年の修業を経た嘉永六年(1853年)に「小栗流和兵法事目録 を得た。小栗流目録を得た嘉永六年(1853年)に龍馬は剣術修行のための1年間の江戸自費遊学を藩に願い出て許された。

 築地の中屋敷(または鍜治橋の土佐藩上屋敷)に寄宿し、北辰一刀流の桶町千葉道場(現、東京都中央区)の門人となる。道場主の千葉定吉は北辰一刀流創始者千葉周作の弟で、その道場は「小桶町千葉」として知られており、道場には定吉のほかに長男・重太郎と3人の娘(そのうち一人は龍馬の婚約者と言われるさな子)がいた。

 嘉永六年六月三日(1853年7月8日)に江戸湾の浦賀沖に姿を現したマーシュ・ペリー率いるアメリカ海軍東インド艦隊の4隻の軍艦(黒船)が来航した。自費遊学の龍馬も臨時招集され、品川の土佐藩下屋敷守備の任務に就いた。龍馬が家族に宛てた当時の手紙では「戦になったら異国人の首を打ち取って帰国します」と書き送っている。同年十二月、剣術修行の傍ら龍馬は当代の軍学家・思想家である佐久間象山の私塾に入学した。 そこでは砲術、漢学、蘭学などの学問が教授されていた。

マーシュ・ペリー
佐久間象山

 安政元年六月二十三日(1854年7月17日)に龍馬は15か月の江戸修行を終えて土佐へ帰国した。ジョン万次郎を聴取した際に『漂巽記略』を編んだ絵師・河田小龍宅を訪れて国際情勢について学び、河田から海運の重要性について説かれて大いに感銘し、のちの同志となる近藤長次郎・長岡謙吉らを紹介される。 また、この時期に徳弘孝蔵のもとで砲術とオランダ語を学んでいる。

ジョン万次郎

 安政四年(1857年)に藩に一年の修行延長を願い出て許された。 安政五年一月(1858年2月)に師匠の千葉定吉から「北辰一刀流長刀兵法目録」を授けられる。

 安政七年三月三日(1860年3月24日)に井伊直弼が桜田門外で水戸脱藩浪士らの襲撃を受けて暗殺される(桜田門外の変)。事件が土佐に伝わると、下士の間で議論が沸き起こり尊王攘夷思想が土佐藩下士の主流となった。同年7月、龍馬の朋友であり、親戚でもある武市半平太らが武者修行のために門人らとともに土佐を出立した。龍馬は「今日の時勢に武者修行でもあるまい」と笑った が、実際は西国諸藩を巡って時勢を視察することが目的であった。

井伊直弼
武市半平太

 文久元年八月(1861年9月)に武市半平太は土佐に戻って「土佐勤王党」を結成した。龍馬も加盟した。勤王党を結成した目的は、これを藩内勢力となして、藩の政策(おもに老公山内容堂の意向)に影響を与え、尊王攘夷の方向へ導くことにあった。

 勤王党結成以来、武市は藩内に薩長二藩の情勢について説明をするのみならず、土佐もこれに続いて尊王運動の助力となるべきと主張した。しかし、参政吉田東洋をはじめとした当時の藩政府は「公武合体」が藩論の主要な方針であり、勤王党の尊王攘夷の主張は藩内の支持を得ることができなかった。

 文久二年三月二十四日(1862年4月22日)に龍馬は脱藩した。脱藩者は藩内では罪人となり、さらに藩内に留まった家族友人も連座の罪に問われることになる。当時既に脱藩していた沢村惣之丞らの助けを受けて土佐を抜け出した。

 脱藩した龍馬と沢村は、まず吉村寅太郎のいる長州下関の豪商白石正一郎宅を訪ねたが、吉村は二人を待たずに京都へ出立していた。尊攘派志士の期待と異なり、島津久光の真意はあくまでも公武合体であり、尊攘派藩士の動きを知った久光は驚愕して鎮撫を命じた。文久二年四月二十三日(1862年5月21日)に寺田屋事件が起こり薩摩藩尊攘派は粛清された。伏見で義挙を起こそうという各地の尊皇攘夷派の計画も潰えた。吉村はこの最中に捕縛されて土佐へ送還されている。当面の目標をなくした龍馬は、一般的には沢村と別れて薩摩藩の動静を探るべく九州に向かったとされるが、この間の龍馬の正確な動静は明らかではない。

島津久光

 龍馬は文久二年八月(1862年9月)に江戸に到着して小千葉道場に寄宿した。 この期間、龍馬は土佐藩の同志や長州の久坂玄瑞・高杉晋作らと交流している。同年十二月五日(1863年1月24日)に龍馬は間崎哲馬・近藤長次郎らとともに幕府政事総裁職にあった前福井藩主・松平春嶽に拝謁した。同年十二月九日(1863年1月28日)に春嶽から幕府軍艦奉行並・勝海舟への紹介状を受けた龍馬と門田為之助・近藤長次郎は海舟の屋敷を訪問して門人となった。

松平春嶽
勝海舟

 勝海舟は山内容堂に取りなして、文久三年二月二十五日(1863年4月12日)に龍馬の脱藩の罪は赦免され、さらに土佐藩士が海舟の私塾に入門することを追認した。龍馬は海舟が進めていた海軍操練所設立のために奔走した。龍馬は土佐勤王党の岡田以蔵を海舟の京都での護衛役にした。

山内容堂

 慶応元年五月(1865年6月)ごろに薩摩藩が龍馬らに出資した(「亀山社中」)は、商業活動に従事する近代的な株式会社に類似した性格を持つ組織であった。当時商人が参集していた長崎の小曽根乾堂家を根拠地として、下関の伊藤助太夫家、京都の酢屋に事務所を設置した。

 倒幕急先鋒の立場にある長州藩に対して、幕府は国外勢力に対して長州との武器弾薬類の取り引きを全面的に禁止していた。だから長州藩は近代的兵器の導入が難しくなっていた。一方、薩摩藩は兵糧米の調達に苦慮していた。ここで龍馬は薩摩藩名義で武器を調達して密かに長州に転売し、その代わりに長州から薩摩へ不足していた米を回送する策を提案した。取り引きの実行と貨物の搬送は亀山社中が担当する。この策略によって両藩の焦眉の急が解決することになるため、両藩の利害が一致した。

 慶応二年一月二十二日(1866年3月8日)に小松帯刀の京都屋敷において、薩摩側からの6か条の条文が長州藩提示された。その場で検討が行われ、桂小五郎はこれを了承した。これにより薩長両藩は後世「薩長同盟」と呼ばれることになる盟約を結んだ。龍馬はこの締結の場に列席している。

小松帯刀
桂小五郎

 薩長同盟の盟約を結んだ翌日、慶応二年一月二十三日(1866年3月9日)に龍馬は護衛役の長府藩士・三吉慎蔵と投宿していた伏見寺田屋へ戻り祝杯を挙げた。だがこのとき、伏見奉行が龍馬捕縛の準備を進めていた。 明け方2時ごろ、一階で入浴していた龍馬の恋人のお龍が窓外の異常を察知して袷一枚のまま二階に駆け上がり、二人に知らせた。すぐに多数の捕り手が屋内に押し入り、龍馬は高杉晋作から贈られた拳銃を、三吉は長槍をもって応戦するが、多勢に無勢で龍馬は両手指を斬られ、両人は屋外に脱出した。

 龍馬不在の長崎の亀山社中では、慶応二年一月十四日(1866年2月28日)にユニオン号購入で活躍した近藤長次郎(上杉宗次郎)が独断で英国留学を企てて露見し、自刃させられる事件が起きていた。事件を知らされた龍馬は『手帳摘要』に「術数はあるが誠が足らず。上杉氏(近藤)の身を亡ぼすところなり」 と書き残しているが、後年のお龍の回顧では「自分がいたら殺しはしなかった」と嘆いたという。

 西郷隆盛の勧めにより、刀傷の治療のために薩摩の霧島温泉で療養することを決めた龍馬は、慶応二年二月二十九日(1866年4月14日)に薩摩藩船・三邦丸に便乗してお龍を伴い京都を出立した。同年三月十日1866年4月24日に薩摩に到着し、83日間逗留した。

西郷隆盛

 尊攘派の土佐勤王党を弾圧粛清した土佐藩だが、このころには時勢の変化を察して軍備強化を急いでおり、参政・後藤象二郎を責任者として長崎で武器弾薬の購入を盛んに行っていた。航海と通商の専門技術があり、薩長とも関係の深い龍馬に注目した土佐藩は慶応二年十一月(1866年12月)ごろから溝渕広之丞を介して龍馬と接触を取り、翌慶応三年一月十三日(1867年2月17日)に龍馬と後藤が会談した。この結果、土佐藩は龍馬らの脱藩を赦免し、亀山社中を土佐藩の外郭団体的な組織とすることが決まり、これを機として同年四月(同年5月)上旬ごろに亀山社中は「海援隊」と改称した。

 龍馬と後藤象二郎は慶応三年六月九日(1867年7月10日)に藩船「夕顔丸」に乗船して長崎を発ち、兵庫へ向かった。京都では将軍・徳川慶喜および島津久光・伊達宗城・松平春嶽・山内容堂による四候会議が開かれており、後藤は山内容堂に京都へ呼ばれていた。龍馬は「夕顔丸」船内で政治綱領を後藤に提示した。これは「船中八策」として知られることになる。

後藤象二郎

 山内容堂は幕府が時勢に従い政権を朝廷に奉還することを提案していた。将軍・徳川慶喜は慶応三年十月十三日(1867年11月8日)に二条城で後藤を含む諸藩重臣に大政奉還を諮問。翌十月十四日(11月9日)に明治天皇に上奏。十月十五日(11月10日)に勅許が下された。この大政奉還・上奏の直前に倒幕の密勅が薩摩と長州に下されていた。大政奉還の成立によって討幕の大義名分が失われ十月、二十一日(11月16日)に討幕実行延期を命じられている。

徳川慶喜

 慶応三年十一月十五日(1867年12月10日)に京都近江屋新助宅母屋の二階で坂本龍馬は中岡慎太郎と会談中に何者かに暗殺された。三十一年の生涯でした。

伝記・評伝

図説坂本龍馬

龍馬史 (文春文庫)

坂本龍馬 作品全集

坂本龍馬 (講談社学術文庫)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA