松方正義

松方正義

概要

松方正義(まつかた まさよし)天保六年乙未(きのとひつじ32)二月二十五日(1835年3月23日)生誕-大正十三年(1924年)七月二日薨去(八十八歳)は、江戸時代末期の薩摩藩士、政治家。幼名は金次郎。通称、助左衛門。号、海東。

経歴

 天保六年乙未(きのとひつじ32)二月二十五日(1835年3月23日)に薩摩国鹿児島郡鹿児島近在荒田村(現、鹿児島県鹿児島市下荒田一丁目) に松方正恭、袈裟子の四男として誕生。弘化四年(1847年)に藩士の子弟が通う藩校「造士館」に入る。

 嘉永三年(1850年)に十六歳のとき、御勘定所出物問合方へ出仕する。この後、大番頭座書役となり、七年間勤めたが、この間幾度か藩主に拝謁する機会も得、精勤振りを認められた。島津久光の側近として生麦事件、寺田屋事件等に関係した。

 明治新政府では長崎裁判所参議に任じられ、日田県知事に転任する。県内視察の際、海上交通の便を図れば別府発展が期待されるとの発案から別府港を築港、現在の温泉都市となった別府温泉の発展の礎を築いた。以降は大蔵省官僚として財政畑を歩み、内務卿・大久保利通の下で地租改正にあたる。だが、財政方針を巡って大蔵卿・大隈重信と対立する。

大久保利通
大隈重信

 松方は、明治十年(1877年)に渡欧し、明治十一年(1878年)三月から十二月まで、パリを中心とするフランスに滞在し、フランス蔵相レオン・セイ(「セイの法則」で名高い、フランスの経済学者のジャン=バティスト・セイ Jean-Baptiste Say:の孫)から助言を得る。日本も金本位制を採用することを勧められた。

 レオン・セイはアルフォンスの招きでロスチャイルド家の所有する北部鉄道会社に入社して役員となり、後に政治家・蔵相となって金融ブルジョワジーや鉄道会社の利益を代弁・擁護した人物であり、謂わばロスチャイルド家の家臣であった。

 明治十一年(1878年)に開催されたパリ万国博覧会において、副総裁であった松方は、暗殺された大久保利通の代わりに、日本代表団の事務官のトップである総裁を務めている。

 松方は財政家として、政府紙幣の全廃と兌換紙幣である日本銀行券の発行による紙幣整理、煙草税や酒造税や醤油税などの増税や政府予算の圧縮策などの財政政策、官営模範工場の払い下げなどによって財政収支を大幅に改善させ、インフレーションを押さえ込んだ。ただ、これらの政策は深刻なデフレーションを招いたために「松方デフレ」と呼ばれて世論の反感を買うことになった。

 明治十八年(1885年)に内閣制度が確立されると、第一次伊藤内閣において初代大蔵大臣に就任。明治二十一(1888)年四月に黒田内閣で大蔵大臣に就任。次いで十二月に内務大臣を兼任した。明治二十四年(1891年)に第一次山縣内閣が倒れると大命降下を受けて総理大臣(兼大蔵大臣)に就任した。しかし閣内の不一致や不安定な議会運営が続き、明治二十五年(1892)年八月八日に辞任に追い込まれた。明治二十九年(1896年)に再び松方に組閣(総理大臣兼大蔵大臣)の大命が下る。

 日露戦争前の明治三十四年(1901年)に開かれた、日英同盟を締結をするかどうかを検討した元老会議においては、対露強硬派として、当時の首相・桂太郎の提案どおりに、山縣有朋、西郷従道らともに日英同盟締結に賛成している。大正十三(1924)年七月二日に松方正義は薨去。八十八年の生涯を終えました。

伝記・評伝

松方正義:我に奇策あるに非ず、唯正直あるのみ (ミネルヴァ日本評伝選)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA