高橋泥舟

高橋泥舟

概要

 高橋 泥舟(たかはし でいしゅう)天保六年乙未(きのとひつじ32)二月十七日(1835年3月15日)生誕 -明治三十六年(1903年)二月十三日逝去(六十七歳)は、江戸時代末期の幕臣。

経歴

 天保六年乙未(きのとひつじ32)二月十七日(1835年3月15日)に江戸で、旗本・山岡正業の次男として誕生。幼名を謙三郎。後に精一郎。通称:精一。諱は政晃。号は忍歳、泥舟は後年の号である。母方を継いで高橋包承の養子となる。

 生家の山岡家は槍の自得院流(忍心流)の名家で、精妙を謳われた長兄・山岡静山に就いて槍を修行、海内無双、神業に達したとの評を得るまでになる。生家の男子がみな他家へ出た後で静山が27歳で早世、山岡家に残る妹の英子の婿養子に迎えた門人の小野鉄太郎が後の山岡鉄舟で、泥舟の義弟にあたる。

山岡鉄舟

 文久二年(1862年)一橋慶喜(徳川慶喜)に随行して上京。文久三年(1863年)浪士組結成、浪士取締役となり、従五位下伊勢守に叙任。慶応四年(1868年)幕府が鳥羽伏見の戦いで敗戦後、高橋泥舟は帰京した徳川慶喜に恭順説く。

徳川慶喜

 徳川慶喜が、徳川家処分の交渉のため官軍の西郷隆盛への使者としてまず選んだのは、その誠実剛毅な人格を見込んで泥舟であった。しかし泥舟は慶喜から親身に頼られる存在で、江戸の不安な情勢のもと、主君の側を離れることができなかった。代わりに義弟の山岡鉄舟を推薦、鉄舟が見事にこの大役を果たした。同年四月十一日(5月3日)に江戸城開城。水戸へ下る慶喜を護衛。

西郷隆盛

 明治三十六年(1903年)二月十三日に高橋泥舟は六十七年の生涯を終えました。

伝記・評伝

高橋泥舟―高邁なる幕臣

泥舟遺稿―伝記・高橋泥舟 (伝記叢書 (239))

剣の四君子 04 高橋泥舟


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA