福岡孝弟

概要

 福岡 孝弟(ふくおか たかちか)天保六年乙未(きのとひつじ32)二月五日(1835年3月3日)生誕 – 大正八年(1919年)三月七日薨去(八十四歳)は、江戸時代末期の土佐藩士。明治時代の政治家。五箇条の御誓文を加筆、政対処体書を起草した人物である。通称は藤次、雅号は南蘋。栄典は勲一等子爵。

経歴

 天保六年乙未(きのとひつじ32)二月五日(1835年3月3日)に土佐藩士・福岡孝順(180石)の次男として誕生。安政元年(1854年)に吉田東洋の門下生として後藤象二郎や板垣退助らと共に師事し、その薫陶をうけた。安政五年(1858年)に吉田の藩政復帰に伴って大監察に登用され、後藤らと若手革新勢力「新おこぜ組」を結成して藩政改革に取り組む。反主流派の土佐勤皇党を弾圧するなどしたが、文久二年(1862年)の吉田東洋の暗殺により失脚する。

吉田東洋
後藤象二郎
板垣退助

 文久三年(1863年)に福岡は、藩主・山内豊範の側役に就任して公武合体運動に尽力する。他方で坂本龍馬や海援隊、陸援隊と提携するなど、前藩主・山内容堂を中心に藩営商社・開成館を通じて殖産興業政策を推進した。

坂本龍馬
山内容堂

 慶応三年(1867年)に福岡は参政に就任。幕府を中心とする公議政体論を藩論とし、大政奉還の実現に向けて薩摩藩との間に薩土盟約を締結する。同年、後藤とともに将軍・徳川慶喜に大政奉還を勧告し、武力討幕派の薩摩藩や長州藩に対抗した。

徳川慶喜

 明治維新では、福岡は後藤や板垣らと共に徴士参与として新政府に出仕。越前藩の由利公正とともに五箇条の御誓文を起草した。

由利公正

 大正八年(1919年)三月七日に福岡孝弟は八十四年の生涯を終えました。

関連書籍

帝国議会―西洋の衝撃から誕生までの格闘 (中公新書)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA