前島密

前島密

概要

 前島 密(まえじま ひそか)天保六年乙未(きのとひつじ32)一月七日(1835年2月4日)生誕 – 大正八(1919)年己未(つちのとひつじ56)四月二十七日薨去(八十四歳)は、日本の官僚、政治家。本姓は上野。通称は来輔。号は如々山翁鴻爪(こうそう)。日本の近代郵便制度の創設者の一人であり、その功績から「郵便制度の父」と呼ばれる。今日も使われる「郵便」「切手」「葉書」という名称を定めたほか、1円切手の肖像で知られる。

経歴

 天保六年乙未(きのとひつじ32)一月七日(1835年2月4日)に 越後国頸城郡下池部(くびきぐんしもいけべ)(現、新潟県上越市大字下池部)に豪農、上野助右衛門の二男として生まれる。幼名房五郎。父が間もなく亡くなり、母方の叔父糸魚川藩医・相沢文中に養われた。

 弘化四年(1847年)に江戸に出て医学を修め、蘭学・英語を学ぶ。安政5(1858)年に 航海術を学ぶため箱館へ赴く。名を巻退蔵と改める。翌年、箱館の洋式城郭「五稜郭」を設計・建設した、武田斐三郎(たけだあやさぶろう)に師事する。

 慶応元年(1865年)に上野退蔵は薩摩藩の洋学校・開成所の蘭学講師となる。翌年幕臣前島家の養子となり、家督を継いで前島来輔と名乗る。漢字御廃止之議を十五代代将軍・徳川慶喜に提出。幕臣清水与一郎の娘奈何(仲子)と結婚。

徳川慶喜

 慶応三年(1867年)に前島来輔は開成所の数学教授に就任。明治二年(1868年)に明治新政府の招聘により、民部省・大蔵省に出仕。このころ、密に改名。明治三年三月(1870年4月)に 租税権正、同年五月(同年6月)に駅逓権正兼任となり、太政官に郵便制度創設を建議。郵便制度視察および鉄道建設借款契約締結のため渡英。

 明治四年八月(1871年9月)に前島密は 帰国。駅逓頭に任じられ、郵便制度創設に尽力、日本の近代的郵便制度の基礎を確立。翌年、 陸海元会社(現、日本通運株式会社)、郵便報知新聞(現、スポーツ報知)の設立及び刊行に関与。明治十年(1877年)に 駅逓局長に任命される。第1回内国勧業博覧会審査官長に任命される。翌年、元老院議官を兼任。

 明治十二年(1879年)に前島密は内務省駅逓総監に任じられる。明治十四年(1881年)に明治十四年の政変で辞職し、大隈重信らとともに立憲改進党を創立。明治十九年(1886年)に東京専門学校(現、早稲田大学)校長に就任、また関西鉄道会社社長に就任。

大隈重信

 明治二十一(1888)年十一月に前島密は請われて逓信時間就任。明治二十四(1891)年三月まで在職。官営電話交換制度を実施。明治二十七年(1894年)に 北越鉄道株式会社の社長に就任、北越鉄道(直江津 -新潟)建設を開始。明治三十五年(1902年)に男爵授与。明治三十七年(1904年)に貴族院男爵議員に選任される。

  大正八(1919)年四月二十七日に前島密は八十四年の生涯を終えました。

伝記・評伝

前島密―前島密自叙伝 (人間の記録 (21))

小説 前島密―天馬陸・海・空を行く


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA