岩崎弥太郎

岩崎弥太郎

概要

 岩崎 弥太郎(いわさき やたろう)天保五年乙未(きのとひつじ32)十二月十一日(1835年1月9日)生誕 – 明治十八(1885)年乙酉(きのととり22)二月七日逝去(五十歳)は、実業家。三菱財閥の創業者で初代総帥。諱は敏(後に寛)、雅号は東山。別名を土佐屋善兵衛。彌太郎とも表記。

経歴

 天保五年乙未(きのとひつじ32)十二月十一日(1835年1月9日)に土佐国安芸郡井ノ口村一ノ宮(現、高知県安芸市井ノ口甲一ノ宮)で地下浪人・岩崎弥次郎と美和の長男として誕生しました。

 伯母が嫁いだ岡本寧浦(おかもとねいほ)を師として学びました。安政元年(1854年)に江戸詰めとなった奥宮慥斎の従者として江戸へ上府しました。昌平坂学問所授の安積艮斎(あさかごんさい)の見山塾に入塾しました。

安積艮斎

 安政二年(1855年)に弥太郎の父親が酒席での庄屋との喧嘩により投獄された事を知り帰国しました。奉行所に訴えましたが、証人は庄屋の味方をしました。弥太郎は壁に墨で「官は賄賂をもってなり、獄は愛憎によって決す」と大書したため投獄されました。この時、獄中で同房の商人から算術や商法を学んだことが、後に商業の道に進む機縁となりました。

 弥太郎は出獄後、村を追放されました。安政五年(1858年)に蟄居中の吉田東洋が開いていた少林塾に入塾し、後藤象二郎らと知り合いました。東洋が参政となると東洋に仕え、藩吏の一員として長崎に派遣されました。弥太郎は丸山花街で遊蕩し、資金がなくなり無断帰国しました。無断帰国であったため罷免され、官職を失いました。弥太郎は借財をして郷士株を買い戻し、長岡郡三和村の郷士の高芝重春(玄馬)の次女喜勢を娶りました。

吉田東洋
後藤象二郎

 弥太郎は吉田東洋が暗殺されると、犯人の探索を命じられ、同僚と共に藩主の江戸参勤に同行する形で大坂へ行ったが、必要な届出に不備があったことを咎められ帰国しました。帰国後、弥太郎は農業に従事しました。慶応元年(1865年)に弥太郎は官有林払下げの許可が下りました。

 慶応三年(1867年)に弥太郎は長崎へ行きました。土佐藩は開成館長崎商会を窓口に、欧米商人から船舶や武器を輸入したり、木材や強心剤、防腐剤として使用されていた樟脳や鰹節などの土佐藩物産を販売しており、吉田東洋の甥の後藤象二郎が弥太郎に主任を命じました。貿易商人ウォルシュ兄弟や武器商人のグラバーと取引しました。

グラバー

 明治政府が藩営事業を禁止しようとしたため、明治二年十月(1869年11月)に土佐藩は海運業私商社として土佐開成社、後の九十九(つくも)商会を立ち上げました。弥太郎は事業監督を担当しました。明治三年(1870年)に弥太郎は土佐藩の少参事に昇格し、大阪藩邸の責任者となりました。私腹を肥やしていると疑われ派遣された内偵の石川七財を勧誘し、九十九商会に入れました。明治四年(1871年)の廃藩置県で弥太郎は土佐藩官職位を失ったため、九十九商会の経営者となりました。弥太郎は当地に本邸を構え事業を営み、三菱の発祥の地となりました。九十九商会は高知から神戸航路、東京から大阪間の輸送で利益を上げました。

 明治五(1872年)に九十九商会は三川(みつかわ)商会となりました。高級幹部として川田小一郎が入社して弥太郎を助けました。明治六年(1873年)に三菱商会へ社名変更し、明治七年(1874年)に本店を東京日本橋の南茅場町に移し、三菱蒸気汽船会社へ社名変更しました。この時、三菱のマーク「スリーダイヤ」を作りました。

川田小一郎

 維新政府が樹立されて紙幣貨幣全国統一化に乗り出した時のことで、各藩が発行していた藩札を新政府が買い上げることを事前に察知した岩崎弥太郎は、10万両の資金を都合して藩札を大量に買占め、それを新政府に買い取らせて莫大な利益を得ました。弥太郎は最初から政商として暗躍しました。

 福沢諭吉は弥太郎の依頼で福沢門下生を三菱に入れました。明治政府は三菱に命じ、明治八年(1875年)に三菱商船学校を設立させました。明治十一年(1878年)に神田錦町に三菱商業学校が設立されました。

福沢諭吉

 明治十年(1877年)の西南戦争で、政府の徴用に応じて三菱は社船38隻を軍事輸送に注ぎ、政府軍7万、弾薬、食糧を円滑に輸送しました。鎮圧後、三菱は金一封や銀杯が下賜され、莫大な利益をあげました。三菱は、社有船61隻となり、日本の汽船総数の73%を占めました。

 岩崎弥太郎は明治十八(1885)年二月七日逝去。五十年の生涯を終えました。

伝記・評伝

評伝岩崎弥太郎―日本海運界の暴れん坊

明治の巨人 岩崎弥太郎

岩崎弥太郎―商会之実ハ一家之事業ナリ (ミネルヴァ日本評伝選)

岩崎弥太郎 国家の有事に際して、私利を顧みず (PHP文庫)

「三菱」の創業者 岩崎弥太郎 不屈の生き方

龍馬「海援隊」と岩崎弥太郎「三菱商会」


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA