澤太郎左衛門

澤太郎左衛門

概要

 澤太郎左衛門(さわたろうざえもん)天保五年甲午(きのえうま31)六月四日(1834年7月10日)生誕 – 明治三十一(1898年)年五月九日逝去(六十三歳)は、江戸時代末期の幕臣。明治時代の技術者、海軍教官。名は貞説。幼名はえい太郎。

経歴

 天保五年甲午(きのえうま31)六月四日(1834年7月10日)に澤太郎左衛門は幕臣の父・澤太八郎の子として誕生する。

 安政三年九月(1856年10月)に箱館奉行書物御用掛として初出仕する。安政四年(1857年)に長崎海軍伝習所第2期幕臣として選抜される。ここで榎本武揚と知り合う。指導役は勝海舟だった。安政六年五月(1859年6月)に築地軍艦操練所教授方出役に任命される。万延元年(1860年)に築地軍艦操練所教授方手伝出役に任命されて海軍砲術を教授した。

榎本武揚
勝海舟

 嘉永六年六月三日(1853年7月8日)にマシュー・カルブレイス・ペリー率いるアメリカ海軍東インド艦隊の4隻軍艦が浦賀沖に現れ停泊する。ペリー艦隊の来航により幕府は西洋の学術、技術の導入を計画する。幕府はそのために西欧に留学生を派遣する計画を立て、当初軍艦注文と留学生の派遣先にアメリカを考えていたが、南北戦争のために断られると、オランダに依頼を働きかけて軍艦の発注と留学生派遣を交渉し決定する。

マシュー・ペリー

 文久二年三月十三日(1832年4月11日)に命を受けた留学生は、軍艦操練所から澤太郎左衛門や榎本武揚らが選ばれ、蕃書調所から津田真道と西周が選ばれた。そして長崎で医学修行中の伊東玄伯、林研海が選ばれた。さらに鋳物師や船大工等の技術者である職方7名が一行に加わる。澤太郎左衛門のオランダ留学の目的は、最高軍事機密である黒色火薬製造法の取得と火薬製造機械の購入であった。

津田真道
西周
伊東玄伯

 慶応二年十月二十五日(1866年12月1日)に澤太郎左衛門らは幕府がオランダに発注、建造した軍艦「開陽丸」でオランダを出港した。慶応三年三月二十六日(1867年4月30日)に帰国する。帰国後、同年五月十二日(同年6月14日)に軍艦役並勤方に就任する。

 慶応四年一月三日(1868年1月27日)午前に鳥羽街道を封鎖していた薩摩藩兵と旧幕府軍先鋒が接触する。鳥羽伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発した。同年一月六日(同年1月30日)に大坂城にいた徳川慶喜は緒戦での敗退の報とともに、薩長軍が錦の御旗を掲げた事を知る。

徳川慶喜

 慶応四年一月八日(1868年2月1日)に澤太郎左衛門は大阪湾から出航するように、将軍・徳川慶喜、老中・板倉勝静、会津藩主・板倉勝静らから命じられる。艦長の榎本武揚が入れ違いに大阪城に赴き不在であることを理由に澤が断ると、艦長代理に任命された。やむなく榎本を残して出航することになる。澤は同年五月(同年6月)隠居届を出し、家督を長男・澤鑑之丞(さわかんのじょう)に譲る。

板倉勝静
板倉勝静

 澤太郎左衛門は慶応四年八月十九日(1868年10月14日)に榎本ら旧幕府海軍に参加して品川沖から脱走する。この際に軍艦「開陽丸」軍艦頭(艦長に相当)に任命される。明治元年十二月十五日(1869年1月27日)に 旧幕府箱館政権下(蝦夷共和国)で「入札(選挙)」の結果、開拓奉行に選任される。太郎左衛門は室蘭に赴任した(現、室蘭南部陣屋史跡)。明治二年五月二十五日(1869年7月4日)に榎本降伏の報を受け、室蘭で降伏した。同年七月四日(同年8月11日)に 護送され品川に到着する。東京辰ノ口軍務糺問所に入牢した。

 澤太郎左衛門は明治五年一月六日(1872年2月14日)に特旨を以て放免される。同年一月十二日(同年2月20日)に開拓使御用掛として出仕する。同年二月三日(同年3月11日)に兵部省六等として出仕する。海軍兵学寮分課に勤務する。同年九月十八日(同年10月20日)に海軍兵学寮大教授に就任する。明治九(1876)年八月三十一日に海軍兵学寮が海軍兵学校となり、海軍兵学校教務課長被仰付に就任する(五等出仕)。明治十九(1886)年二月十七日に退官した。

 明治三十一(1898年)年五月九日に澤太郎左衛門は逝去。六十三年の生涯を終えた。

伝記・評伝

開陽丸艦長 澤太郎左衛門の生涯


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA