アダム・スミス(Adam Smith)

概要

 アダム・スミス(Adam Smith)1723(享保八)年癸卯(みずのとう40)6月5日生誕-1790(寛政七)年7月17日逝去(67歳)は、イギリスの哲学者、倫理学者、経済学者。主著に倫理学書『道徳感情論1759』・経済学書『国富論1776』がある。経済学の祖と言われている。

経歴

  アダム・スミスはスコットランドの海沿いの町カコーディで誕生する。

 グラスゴー大学でスコットランド啓蒙の中心人物であった哲学者フランシス・ハッチソン(1694 – 1746)の下で道徳哲学を学ぶ。

 1750年頃に哲学者ヒュームと出会い、彼が他界する1776年まで親交を続ける。1751年にグラスゴー大学の論理学教授に就任する。1752年に道徳哲学教授に就任する。

 1763年にグラスゴー大学を辞職する。辞職後、スコットランド貴族ヘンリー・スコットの家庭教師としておよそ3年間フランスやスイスを旅行する。

 1776年に主著『国富論(An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations 1776』を出版する。1778年にスコットランド関税委員に任命され、1787年にはグラスゴー大学名誉総長に就任する。1790年にエディンバラで病死する。アダム・スミスは67年の生涯を終えた。

著作


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA