橋本左内

橋本左内

概要

 橋本 左内(はしもと さない)天保五年甲午(きのえうま31)三月十一日(1834年4月19日) 生誕- 安政六年己未(つちのとひつじ56)十月七日(1859年11月1日)逝去(二十五歳)は、江戸時代末期の越前国藩士、志士、思想家。号は景岳、黎園(れいえん。諱は綱紀(つなのり)。

経歴

 天保五年甲午(きのえうま31)三月十一日(1834年4月19日)に福井藩医・橋本長綱の子として越前国常磐町に誕生しました。七歳で漢籍・詩文と書道を学び、八歳で漢学を学びました。嘉永元年(1848年)の十五歳の時に自らの志を記した著作、『啓発録』があります。

 嘉永二年(1849年)に大坂に出て適塾に入塾しました。嘉永五年(1852年)春に父・長綱が病気のため大坂での勉強を打ち切って帰藩しました。左内は代診に従事して患者の治療に励みました。父が病死すると、藩医の列に加えられました。

適塾

 安政元年(1854年)に江戸に遊学しました。蘭学者坪井信良の塾に入り、間もなく坪井の紹介で杉田成卿に師事し、蘭方医学を学びました。その後、水戸藩の藤田東湖、薩摩藩の西郷吉之助(隆盛)、小浜藩の梅田雲浜(うめだうんぴん)熊本藩の横井小楠らと交流しました。

藤田東湖
西郷吉之助(隆盛)
梅田雲浜
横井小楠

 窮迫した時勢に接するうちに、医学を離れたい心をおこした左内は、中根雪江や鈴木主税の尽力によって安政二年(1855年)に藩医職を解かれ、御書院番に転じました。福井藩主の松平春嶽(慶永)に側近として登用されました。江戸詰めを命じられ、侍読兼御内用係を務め、藩主の側近として藩の政治、国の政治に大きな関わりを持つようになりました。

中根雪江
松平春嶽(慶永)

 十四代将軍を巡る将軍継嗣問題では、左内は春嶽を助け一橋慶喜擁立運動を展開し、幕政の改革を訴えました。英明の将軍の下、雄藩連合での幕藩体制を取った上で、積極的に西欧の先進技術の導入と対外貿易を行うことを構想しました。ロシアとの同盟を提唱し、帝国主義と地政学の観点から日本の安全保障を弁じた先覚者でありました。

一橋慶喜

 安政五年四月二十三日(1858年6月4日)に溜詰筆頭の井伊直弼が大老に就任しました。春嶽が隠居謹慎を命じられると、左内は将軍継嗣問題に介入したことを問われて取り調べを受け、親戚の朧勘蔵の邸に幽閉され、謹慎を命じられました。取り調べの際「私心でやったのではなく藩主の命令である」と主張したことが、井伊の癪に障ったらしく、遠島で済む刑罰が重くなりました。

井伊直弼

 橋本左内は安政六年十月七日(1859年11月1日)に斬首となり、二十五年の生涯を終えました。

著作・伝記・評伝

啓発録 (講談社学術文庫)

啓発録 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ12)

橋本左内 (人物叢書 新装版)

橋本左内著「啓発録」英完訳書

麒麟 橋本左内 (学研M文庫)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA