江藤新平

江藤新平

概要

 江藤 新平(えとう しんぺい)天保五年甲午(きのえうま31)二月九日(1834年3月18日)生誕 -明治七(1874年)年甲戌(きのえいぬ11)四月十三日逝去(四十歳)は、江戸時代末期の佐賀藩士。明治時代の政治家。幼名は恒太郎、又蔵。諱は胤雄、胤風。号南白。。「維新の十傑」、「佐賀の七賢人」の一人。

経歴

 天保五年甲午(きのえうま31)二月九日(1834年3月18日)に肥前国佐賀郡八戸村(現、佐賀県佐賀市八戸)で、佐賀藩士の父、江藤胤光と母、浅子の間に長男として誕生しました。

 江藤新平は嘉永元年(1848年)に藩校の弘道館へ入学し内生(初等中等)課程は成績優秀で学費の一部を官給されました。父の胤光が職務怠慢の咎により郡目付役を解職され永蟄居の処分となったため生活は困窮し外生課程に進学せずに弘道館教授で儒学、国学者の枝吉神陽の私塾に学びました。新平は神道や尊皇思想に影響されました。嘉永三年(1850年)に枝吉神陽が「義祭同盟(ぎさいどうめい)を結成すると、大隈重信、副島種臣、大木喬任、島義勇らとともに参加しました。

枝吉神陽
大隈重信
副島種臣
大木喬任
島義勇

 左内は外国船の日本近海への出没やアメリカのペリー艦隊やロシアのプチャーチン艦隊などが来航して通商を求めるなどの時勢の影響を受けました。安政三年(1856年)に開国の必要性を説いた『図海策』を執筆し、藩の洋式砲術、貿易関係の役職を務めました。安政四年(1857年)に江口千代子と結婚しました。

マーシュ・ペリー
プチャーチン

 文久二年(1862年)に脱藩し京都で活動しました。長州藩士の木戸孝允(桂小五郎)や公家の姉小路公知(あねがこうじきんとも)らと接触しました。

木戸孝允(桂小五郎)
姉小路公知

 2ヶ月ほどで帰郷し通常脱藩は死罪でありましたが、江藤の見識を高く評価した鍋島直正の直截裁断により永蟄居に罪を軽減されたとされました。蟄居後は寺子屋師匠などを務め、同士との密かな交流や幕府による長州征伐での出兵問題では鍋島直正への献言を行うなど政治的活動は続けておりました。

鍋島直正

 大政奉還後に新平は蟄居を解除されました。慶応三年十二月九日(1868年1月3日)に王政復古の大号令により新政府が誕生しました。新平は副島種臣とともに京都に派遣されました。

 戊辰戦争で新平は東征大総督軍監に任命され、江戸へ偵察に向かいました。江戸城開城御、、江藤は城内の文書類を接収しました。その後京都へ戻り、大木喬任と連名で岩倉具視に対して江戸を東京と改称すべきことを献言しました。

岩倉具視

 旧幕臣らを中心とする彰義隊勢に対し、新平は上野戦争で佐賀藩のアームストロング砲を遠方射撃する戦術などにより彰義隊を瓦解させました。

 戊辰戦争後新平は、新政府の長官の下の6人の判事の1人として会計局判事に任命され、民政や会計、財政、都市問題などを担当しました。明治三年(1870年)に佐賀に帰郷して準家老に就任し、藩政改革を行いました。同年に政府に呼び戻され太政官中弁に就任しました。

 明治四年(1871年)に制度取調専務として国家機構の整備に従事しました。新平は近代的な集権国家と四民平等を説きました。新平は「フランス民法と書いてあるのを日本民法と書き直せばよい」というほどフランスの法制度を高く評価しました。

 明治六(1873)年十月二十四日に新平は、朝鮮出兵を巡る征韓論問題から発展した政変で西郷隆盛らと下野しました。明治七(1874)年一月十日に愛国公党を結成し、一月十二日に民撰議院設立建白書に署名し帰郷を決意しました。

西郷隆盛

 明治七(1874)年二月十一日に新平は佐賀へ入り、憂国党の島義勇と会談を行い翌日の12日に佐賀征韓党首領として擁立されました。政治的主張の全く異なるこの征韓党と憂国党が共同して反乱を計画しました。同年二月十六日夜、憂国党が武装蜂起し士族反乱である佐賀の乱(佐賀戦争)が勃発しました。

 政府軍は司令官の野津鎮雄自らが先頭に立って士卒を大いに励まし戦い辛うじて勝利しました。この後も田手、境原で激戦が展開されるが政府軍の強力な火力の前に佐賀軍は敗走しました。

 新平は征韓党を解散して逃亡しました。明治七(1874)年三月一日に鹿児島で湯治中の西郷隆盛に会い、薩摩士族の旗揚げを請うが断られました。同年三月二十五日に高知の林有造と片岡健吉のもとを訪ね武装蜂起を説くがいずれも断られました。岩倉具視への直接意見陳述を企図して上京を試みました。しかしその途上、現在の高知県安芸郡東洋町甲浦付近で捕縛され佐賀へ送還されました。

 明治七(1874)年四月八日に新平は急設された佐賀裁判所で司法省時代の部下であった河野敏鎌(こうのとがま)によって裁かれることとなりました。河野は新平を取り調べ、釈明の機会も十分に与えないまま死刑を宣告しました。訊問に際し敏鎌は新平を恫喝したが、新平から逆に「敏鎌、それが恩人に対する言葉か!」と一喝され恐れおののき、それ以後自らは審理に加わりませんでした。

 江藤新平は明治七(1874年)年四月十三日に処刑され、四十年の生涯を終えました。

伝記・評伝

江藤新平 (佐賀偉人伝)

江藤新平―急進的改革者の悲劇 (中公新書)

江藤新平 (戎光祥選書ソレイユ003)

江藤新平と明治維新

朝焼けの三瀬街道 信念を貫き通した男 江藤新平


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA