木戸孝允(桂小五郎)

木戸孝允(桂小五郎

概要

 木戸 孝允(きど たかよし)天保四年癸巳(みずのとみ30)六月二十六日(1833年8月11日)生誕 – 明治十(1877)年丁丑(ひのとうし14)五月二十六日薨去(四十三歳)は、江戸時代末期の長州藩士、革命家。和田 小五郎(わだ こごろう)、桂 小五郎(かつら こごろう)。明治維新の指導者として活動し、維新の三傑の一人。

経歴

 天保四年癸巳(みずのとみ30)六月二十六日(1833年8月11日)に長門国萩城下呉服町(現、山口県萩市)で藩医・和田昌景の長男として誕生しました。病弱で長生きしないと思われておりました。天保十一年(1840年)に向かいの桂家の末期養子となりました。

 嘉永元年(1848年)に元服して和田小五郎から大組士・桂小五郎となりました。嘉永二年(1849年)に吉田松陰から山鹿流兵学を学びました。松陰と師弟関係であると同時に親友関係となりました。

吉田松陰

 嘉永五年(1852年)に剣術修行を名目とする江戸留学を決意し、藩に許可され、5名の藩費留学生たちと他1名の私費留学生に随行し、私費で江戸に上府しました。江戸では三大道場の一つ、練兵館(神道無念流)に入門し、斎藤新太郎の指南を受けました。免許皆伝を得て、入門1年で塾頭となりました。藩命で帰国するまでの5年間練兵館の塾頭を務め、剣豪としての名を天下に轟かせました。

 嘉永六年六月三日(1853年7月8日)17時にアメリカ合衆国海軍東インド艦隊のマシュー・ペリーが率いる艦船4隻が浦賀沖に現れ、停泊しました。幕府は海防の必要性を実感し、雄藩に軍船の建造を要請しました。長州藩は大森海岸の警備を命じられており、その際に小五郎は藩主・毛利敬親の警固隊の一員に任じられました。

毛利敬親

 海外の脅威を目の当たりにした小五郎は、その後直ちに練兵館道場主の斎藤弥九郎を通して江川英龍に弟子入りし、海岸線の測量やお台場建設を見学し、兵学・砲術を学ぶことにしました。

 安政五年八月(1858年9月)に小五郎は、長州藩江戸藩邸の大検使役に任命されました。吉田松陰が人材登用のために小五郎を藩上層部に熱心に推薦しました。同年十月(同年11月)に結婚のため萩に戻りました。

 安政六年十月二十七日(1859年11月21日)に小五郎の師、吉田松陰がが処刑されました。小五郎は、伊藤博文らと共に遺体をひきとり、埋葬しました。

伊藤博文

 文久二年一月十五日(1862年2月13日)に坂下門外の変が起きました。その事件に関わるはずだったが遅刻して参加できなかった水戸浪士の川辺左治右衛門が小五郎のもとを訪ね、切腹死しました。坂下門外の変との関わりを幕府から追及された小五郎であったが、「航海遠略策」の提唱の長州藩士、長井雅樂の尽力によって釈放されました。

長井雅樂

 文久二年(1862年)に小五郎は、周布政之助、久坂玄瑞たちと共に、吉田松陰の「航海雄略論」を採用し、長井雅樂の「航海遠略策」を退けました。長州藩の藩論は開国攘夷に決定付けられました。異勅屈服開港しながらの鎖港鎖国攘夷という幕府の路線は論外として退けられました。

周布政之助
久坂玄瑞

 欧米への留学視察、欧米文化の吸収、その上での攘夷の実行という基本方針が長州藩開明派上層部において定着し、文久三年五月十二日(1863年6月27日)に長州藩から英国への伊藤博文を含む秘密留学生5名が横浜から出帆しました。

 孝明天皇の強い要望により徳川家茂は文久三年五月十日(1863年6月25日)をもっての攘夷実行を約束しました。それを受け、長州藩は馬関海峡(現、関門海峡)を通過する外国船への砲撃を実施しました。

孝明天皇
徳川家茂

 文久三年八月十八日(1863年9月30日)に、「八月十八日の政変」が起きました。三条実美ら急進的な尊攘派公家と長州藩士が京都から追放されました(七卿落ち)。長州藩士は京都留守居役3人を除いて在京を禁じられました。小五郎は変名を使い京都内を潜伏しながら情報収集と長州藩復権工作を続けました。しかし奏功せず一旦帰藩しました。

三条実美

 元治元年七月十九日(1864年8月20日)に京都から追放されていた長州藩勢力が京都守護職の松平容保らの排除を目的に、京都御所の西にある蛤御門付近で長州藩兵と会津・桑名藩兵が衝突し戦闘が勃発しました(禁門の変)。激しい戦闘の結果、長州藩勢力は敗北しました。その後会津藩による長州藩士の残党狩りが盛んになり、小五郎は但馬国出石(現、兵庫県出石町)に潜伏しました。

 元治元年八月五日(1864年9月5日)午後、四国連合艦隊は長府城山から前田・壇ノ浦にかけての長州砲台群に猛砲撃を開始しました。長州藩兵も応戦し善戦しましたが、火力の差が圧倒的であり、砲台は次々に粉砕、沈黙させられました。同年八月八日(同年9月8日)に戦闘で惨敗を喫した長州藩は講和使節の使者に高杉晋作を任じました。10日後、長州藩は四国連合艦隊の講和条件を受け入れ、講和が成立しました。

高杉晋作

 元治元年八月十三日(1864年9月13日)に 幕府が第一次長州征討を命じました。長州正義派は藩政権の座を降りました。不戦敗および三家老の自裁、その他の幹部の自決・処刑という対応で藩首脳部は責任を取りました。元治元年十二月二十七日(1865年1月24日)に征討軍総督の徳川慶勝は長州藩が恭順したため解兵令を発しました。

徳川慶勝

 その後、長州俗論派政権が正義派の面々を徹底的に粛清し始めました。しかし、高杉晋作率いる正義派軍部が反旗を翻し、軍事クーデターが成功したため、俗論派政権による政治が終わりました。出石より帰国した桂小五郎は長州藩の統率者として迎えられました。

 長州藩は土佐藩の坂本龍馬らに斡旋されて薩摩藩と秘密裏に薩長同盟を結びました。小五郎は長州の代表として薩摩の小松帯刀、大久保利通、西郷隆盛らと薩摩、長州でたびたび会談して同盟を不動のものにして行きました。

坂本龍馬
小松帯刀
大久保利通、
西郷隆盛

 慶応二年六月七日(1866年7月18日)に幕府艦隊により屋代島(周防大島)への砲撃が始まり、第二次長州征討が勃発しました。薩長同盟を介した秘密貿易で武器や艦船を購入し、近代的な軍制改革が施されていた長州軍の士気は、極めて高かった。

 慶応二年七月二十日(1866年8月29日)に第二次長州征討に出陣し、大坂城にいた将軍・徳川家茂が急病のため、薨去されました。幕府軍は家茂の死を公にした上で朝廷に働きかけ、休戦の勅命を発してもらいました。

 慶応二年十二月二十五日( 1867年1月30日)に孝明天皇が崩御されました。慶応三年一月九日( 1867年2月13日)に睦仁親王が、満十四歳で践祚されました。慶応四年一月十五日(1868年2月8日)に元服し同年八月二十七日(同年10月12日)に即位を内外に宣明しました。

 慶応四年一月十五日(1868年2月8日)に明治天皇より王政復古の大号令が発せられ、新政府が成立しました。木戸孝允は戊辰戦争を経て、明治新政府の要職に就きました。

 木戸は明治四年十一月十二日(1871年12月23日)から明治六(1873)年九月十三日まで、アメリカ合衆国、ヨーロッパ諸国を岩倉具視を団長とする使節団に副使として派遣されました。

 木戸孝允は明治十(1877)年五月二十六日に薨去。四十三年の生涯を終えました。

伝記・評伝

木戸孝允 (幕末維新の個性 8)

木戸孝允と幕末・維新: 急進的集権化と「開化」の時代1833~1877 (プリミエ・コレクション)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA