矢嶋楫子

矢嶋楫子

概要

 矢島 楫子(やじま かじこ)天保四年癸巳(みずのとみ30)四月二十四日(1833年6月11日)生誕 – 大正十四(1925年)年乙丑(きのとうし2)六月十六日逝去(九十二歳)は、明治と大正の女子教育者、社会事業家。

経歴

 天保四年癸巳(みずのとみ30)四月二十四日(1833年6月11日)に肥後国上益城郡津森村杉堂(現、熊本県上益城郡益城町)の惣庄屋の父・矢島忠左衛門直明と母・鶴の1男7女の6女(末子)として誕生しました。かつと命名されました。

 三女・順子は横井小楠の高弟の竹崎茶堂と結婚し、熊本女学校校長となりました。順子のすぐ下の姉・久子も同じく横井小楠の高弟である徳富一敬と結婚して、湯浅初子、徳富蘇峰、徳富蘆花の兄弟を生んでいる。すぐ上の姉つせ子は横井小楠の後妻となりました。この姉妹4人は「肥後の猛婦」、「四賢婦人」と呼ばれました。

横井小楠
徳富蘇峰
徳富蘆花

 かつは後妻として横井小楠の弟子の林七郎と結婚しました。林は酒乱で家族へ乱暴をはたらきました。かつは林の乱暴に耐えられず、林の連れ子の達子と家出しました。

 かつは達子を置いて上京を決意しました。長崎発東京行きの蒸気船に乗船し、船上にて自ら「楫子」と改名しました。楫子は向学心から教員伝習所に入所しました。卒業後、訓導試験に合格した楫子は芝の桜川小学校(現、港区立御成小学校)に採用されました。

 楫子は妻子持ちの書生との間に女児を宿しました。楫子は妙子と名付け、練馬の農家に預けました。その頃、熊本に残してきた長子の治定がキリスト教徒になったのを知り驚きました。甥の横井時雄、徳富蘇峰、徳富蘆花もキリスト教徒になっておりました。彼らの一部は、京都の同志社に入学しました。楫子は寂しさでタバコを覚えました。悩める楫子にとってもキリスト教はわが子の信じる宗教であり、キリスト教に関心を寄せました。

 明治十一年(1878年)に楫子は後半生に多大な影響を受ける米国の宣教師で教育者のマリア・ツルー夫人と運命的に出会いました。築地居留地にある清栄女学校の教師に請われ、住み慣れた下宿を引き払い、同女学校寄宿舎舎監室に引っ越しました。

 矢島楫子は吸いかけのタバコによって、ぼや騒ぎを起こして禁煙を決意しました。明治十二年(1879年)に築地新栄教会で洗礼を受けましたる。同時期に三人の姉も洗礼を受けました。明治二十三年(1890年)に楫子は櫻井女学校と新栄女学校が合併して女子学院となり、初代院長に就任しました。

 楫子は婦人矯風運動(禁酒運動)に率先して参加するようになりました。明治十九年(1886年)に米国の禁酒運動家メアリー・レビット夫人来日を期に、東京キリスト教婦人矯風会を組織して初代会長に就きました。

 矯風事業に尽くす楫子の情熱は日本に止まらず日本国外にも向かい、明治三十九(1906年)に七十四歳で渡米して、万国矯風会第7回大会に出席しました。そのときにアメリカ25代大統領のセオドア・ルーズベルトと会見しました。楫子が八十九歳のときに、三度目の渡米を果たしました。

 矢島楫子は大正十四(1925年)年六月十六日に九十二年の生涯を終えました。

伝記・評伝

矢嶋楫子の生涯と時代の流れ (熊日新書)

三浦綾子 電子全集 われ弱ければ-矢嶋楫子伝

白いリボン―矢嶋楫子と共に歩む人たち


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA