大鳥圭介

大鳥圭介

概要

 大鳥圭介(おおとり けいすけ)天保四年癸巳(みずのとみ30)二月二十五日(1833年4月14日)生誕 – 明治四十四(1911)年辛亥(かのとい48)六月十五日薨去(七十八歳)は、江戸時代末期の幕臣、医師、蘭学者。明治時代の教育者、政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等男爵。

経歴

 天保四年癸巳(みずのとみ30)二月二十五日(1833年4月14日)に播磨国赤穂郡赤松村(現、兵庫県赤穂郡上群町岩木丙石戸)の医師・小林直輔の子として誕生しました。幼名、慶太郎。

 閑谷学校(しずたにがっこう)で5年間、漢学、儒学、漢方医学を学びました。嘉永二年(1849年)に上郡に帰郷し、蘭方医・中島意庵の助手となりました。この頃名を圭介と改めました。圭介は嘉永五年五月二日(1852年6月19日)に上坂して緒方洪庵の適塾で蘭学と西洋医学を学びました。

閑谷学校
適塾

 安政元年(1854年)に圭介は適塾時代の仲間と共に江戸に出府しました。坪井塾で塾頭となり、軍学、工学に関心が移るようになりました。この間、西洋式兵学や写真術を学びました。同時期に勝海舟と出会いました。

勝海舟

 安政四年(1857年)に圭介は縄武館(江川塾)に兵学教授として招かれました。中浜万次郎に英語を学びました。安政五年(1858年)に服部元彰の紹介で故郷を領地とする尼崎藩で8人扶持で取り立てられ「藩士」となりました。安政六年(1859年)に蕃書調所(蛮書調所 / ばんしょしらべしょ)へ出仕しました。安政七年(1860年)『砲科新編』翻訳出版。日本で初の合金製活版を作りました。大鳥活字と呼ばれました。

中浜万次郎(ジョン万次郎)

 文久元年十二月(1862年1月)に圭介は江川英敏の推挙により、御鉄砲方附蘭書翻訳方出役として出仕しました。文久三年八月二十日(1863年10月2日)に海陸軍兵書取調方出役しました。開成所教授も兼務し、二院制議会の採用を幕府に建言しました。元治二年一月二十八日(1865年2月23日)に陸軍所に出仕した後は富士見御宝蔵番格として正式に「幕臣」に取り立てられ、旗本となりました。

 慶応三年一月(1867年2月)に圭介は幕府の勘定奉行・小栗忠順(おぐりただまさ)が主導する伝習隊に幕臣らとともに参加しました。圭介は歩兵隊長として士官教育を受けました。慶応四年二月二十八日(1868年3月21日)に陸軍の最高幹部である歩兵奉行に昇進しました。

小栗忠順

 江戸城が開城された慶応四年四月十一日(1868年5月3日)に圭介は伝習隊を率いて江戸を脱走し、仙台で榎本武揚と合流して蝦夷地に渡り、旧幕府軍の陸軍奉行となりました。明治二年五月十八日(1869年6月27日)に五稜郭で降伏したのち、東京へ護送され、軍務局糺問所へ投獄されました。

榎本武揚

 明治五年一月八日(1869年2月16日)に圭介は特赦により出獄後、新政府に出仕しました。左院少議官、開拓使5等出仕を経て、大蔵小丞の職を兼任しました。欧米各国を開拓機械の視察と公債発行の交渉の為に歴訪しました。

 圭介は明治七(1874)年三月に帰国後は、開拓使に戻りました。その後、陸軍大佐拝命を経て工部省四等出仕となりました。技術官僚として殖産興業政策に貢献しました。

 明治十年(1877年)に圭介は工部大学校が発足し校長に任命されました。明治十四(1881)年十二月三日に工部技監に昇進。勅任官となり技術者としては最高位になりました。明治十九(1886)年四月十日に学習院院長兼華族女学校校長に就任しました。

 明治二十二(1889)年六月三日に大鳥圭介は駐清国特命全権公使を拝命し、十一月に着任しました。明治二十六(1893)年七月に朝鮮公使を兼任し、翌年6月に朝鮮へ赴任しました。日清戦争開戦直前の困難な外交交渉に当たりました。明治二十七(1894)年十月十一日に公使解任。帰国後の同年寿一月十日に枢密顧問官に就任しました。明治三十三(1900)年五月九日に男爵を拝命しました。

 明治四十四(1911)年六月十五日に大鳥圭介は薨去。七十八年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA