小菅智淵

小菅智淵

概要

 小菅 智淵(こすげ ともひろ)天保三年壬辰(みずのえたつ29)十一月二十五日(1832年12月16日)生誕 – 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)十二月十八日逝去(五十六歳)は、江戸時代末期の幕臣。明治時代の陸軍軍人。陸軍参謀本部初代陸地測量部長を務めました。

経歴

 天保三年壬辰(みずのえたつ29)十一月二十五日(1832年12月16日)に江戸牛込区山伏町(現、東京と新宿区市ヶ谷山伏町)で幕臣・関定孝の次男として生まれました。幼少時から昌平坂学問で学び、学問の他に武技も熱心に学びました。二十二歳の時、叔母の嫁ぎ先である旗本・小菅五郎兵衛の養子となりました。

昌平坂学問

 小菅は講武所に入り、士官としての軍事教育を受け幕府陸軍の歩兵差図役、同頭取となり、慶応四年三月十三日(1868年4月5日)に歩兵頭並に昇進し、工兵隊に転属となり、工兵頭並に転出しました。戊辰戦争では、幕臣として新政府軍と戦い、箱館戦争で捕縛されました。

 約1年の投獄後、小菅智淵は明治三年一月(1870年2月)恩赦により静岡藩引渡しとなりました。明治五年三月(1872年2月)に陸軍省八等出仕に任官し、陸軍築造局、陸軍兵学寮教授を経て、明治十(1877)年四月二十六日、陸軍少佐に任ぜられました。同年五月十七日に陸軍教導団教官兼任となりました。明治十二(1879)年十一月に参謀本部測量課長に任命されました。小菅は今日の5万分1地形図の全国整備の基礎を築くとともに、内務省大三角測量事業を併せ、全国測量事業を統一しました。

 明治二十一(1888)年十二月十八日に小菅智淵は逝去。五十六年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA