中村正直

中村正直

概要

 中村正直(なかむらまさなお)天保三年壬辰(みずのえたつ 29)五月二十六日(1832年6月24日)生誕- 明治二十四(1891)年辛卯(かのとう28)六月七日逝去(五十八歳)は明治時代の啓蒙思想家、教育者。通称、敬太郎。字は敬輔、号は敬宇、鶴鳴、梧山。洗礼名はジョン(John)

経歴

 天保三年壬辰(みずのえたつ 29)五月二十六日(1832年6月24日)に江戸麻布の幕府同心の中村武兵衛の長男として誕生しました。幼名は釧太郎。

 弘化三年(1846年)に築地の井部香山の塾で漢学を学び、翌年桂川甫周(かつらがわほしゅう)から蘭学を学びました。嘉永元年(1848年)に昌平坂学問所の寄宿寮に入りました。佐藤一斎から儒学を学び、箕作奎吾から英語を学びました。。文久二年(1862年)に幕府の御用儒者となりました。

昌平坂学問所
佐藤一斎

 中村は幕府のイギリス留学生監督として慶応二年十月二十六日(1866年12月2日)に横浜港を出帆してロンドンに渡りました。明治元年六月(1868年7月)に幕府瓦解のため、帰国しました。

 明治元年八月(1868年9月)静岡市大岩町の臨済寺に家を借りました。同年九月(同年10月)に静岡学問所の教授に就任しました。

 中村正直は静岡学問所教授時代の明治三年十一月九日(1870年12月30日)に、サミュエル・スマイルズの『Self Help』を、『西国立志編』(別訳名『自助論』)の日本語訳で出版し100万部以上を売り上げました。序文にある‘Heaven helps those who help themselves’を「天は自ら助くる者を助く」と訳しました。

サミュエル・スマイルズ
Self Help

 明治六年(1873)年三月に 中村は大蔵省退官。退官後に小石川の私邸に同人社を開設して英学を教えました。同人社は、三田の慶應義塾と攻玉社と並び三大義塾と称されました。

慶應義塾

 明治六年(1873年)に中村は「明六社」の設立に参加しました。主要メンバーとして啓蒙思想の普及に努め、機関誌「明六雑誌」の執筆を行いました。

明六雑誌

 1874(明治7)年12月25日 に中村は養子の一吉と共にコクランから洗礼を受け、カナダ・メソジスト教会の日本人最初の信徒になりました。洗礼名はジョン(John)。

 中村正直は 明治二十四(1891)年六月七日に五十八年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA