大木喬任

大木喬任

概要

 大木喬任(おおきたかとう)天保三年壬辰(みずのえたつ29)三月二十三日(1832年4月23日)生誕– 明治三十二(1899)年己亥(つちのとい36)六月二十六日薨去(六十七歳)は江戸時代末期の佐賀藩士。明治時代の政治家。通称、幡六、民平。

経歴

 天保三年壬辰(みずのえたつ29)三月二十三日(1832年4月23日)に肥後国佐賀赤松町(現、佐賀市水ヶ江三丁目)で父が佐賀藩・大木知喬と母シカ子の長男として誕生しました。喬任が十歳のときに父知喬が逝去しました。

 藩校の弘道館で学び、嘉永三年(1850年)に枝吉神陽が主宰した義祭同盟結成に副島種臣と共に参加しました。後に江藤新平や大隈重信らも加わり藩論を尊王攘夷へと導くことを図りました。万延元年(1860年)に藩校弘道館から選ばれて江戸遊学に出ました。

枝吉神陽
副島種臣
江藤新平
大隈重信

 慶応三年十二月九日(1868年1月3日)に明治天皇より王政復古の大号令が発せられました。新政府が樹立されると大木喬任は大隈重信、副島種臣、江藤新平らとともに出仕しました。参与、軍務官判事、東京府知事などを務めました。明治四年(1871年)に民部卿、文部卿として学制を制定しました。明治九年(1876年)の神風連の乱と萩の乱の事後処理に当たりました。

 戸籍編成の主導権を巡り大蔵省の大隈と対立。大久保利通の側近となり、民舞大輔として戸籍法制定を行いました。民部卿に任命されるが、民部省は大蔵省に統合されました。民法編纂総裁として法典編纂に関わりました。元老院議長、参議の要職を歴任しました。

大久保利通

 明治三十二(1899)年六月二十六日に大木喬任は薨去。六十七年の生涯を終えました。

伝記・評伝

大木喬任 (佐賀偉人伝)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA