古河市兵衛

古河市兵衛

概要

 古河 市兵衛(ふるかわ いちべえ)天保三年壬辰(みずのえたつ29)三月十六日(1832年4月16日)生誕 – 明治三十六(1903)年癸卯(みずのとう40)四月五日逝去(七十歳)は、古河財閥の創業者。幼名は木村巳之助、幸助。

経歴

 天保三年壬辰(みずのえたつ29)三月十六日(1832年4月16日)に京都岡崎で木村家の子として誕生しました。木村家は代々庄屋の家柄でしたが、父の代で没落しており、巳之助は幼少の頃から豆腐を売り歩く貧乏暮らしで苦労を重ねました。

 嘉永二年(1849年)に盛岡の南部藩で高利貸を営む母方の叔父のもとで修業することを決意して盛岡に向かいました。盛岡では叔父のもとで貸金の取立てを手伝いました。

 安政四年(1857年)に叔父の口利きで京都小野組の番頭だった古河太郎左衛門の養子となり、翌年に古河市兵衛と改名しました。養父と共に生糸の買い付けを行いました。養父に才能を認められ、順調に小野組内の地位を高めていきました。

 明治新政府の公金取り扱い業務の政策変更の結果、小野組は壊滅的な打撃を蒙りました。市兵衛はその際、政府からの引き上げ金の減額などを頼みに陸奥宗光のもとへ交渉に行きました。市兵衛は陸奥から信用されました。

陸奥宗光

 小野組と取引があった渋沢栄一の経営による第一銀行に対し、市兵衛は倒産した小野組の資産や資材を提供することで第一銀行の連鎖倒産を防ぎました。市兵衛は渋沢から信頼されました。

渋沢栄一

 小野組破綻後、市兵衛は独立して事業を行うことにしました。市兵衛は小野組時代から縁があった元相馬中村藩主を名義人に立て、市兵衛が下請けとして鉱山経営を行う条件で政府から草倉鉱山の払い下げを受けることに成功しました。

 草倉鉱山の経営は順調で、明治十年(1877年)に足尾銅山を元相馬中村藩主を名義人に立て買収しました。市兵衛は相馬家の元家令の志賀直道と共同経営者となりました。その後、渋沢も共同出費者になりました。

 市兵衛が足尾銅山の経営に乗り出した当初は、採掘を取り仕切っていた山師集団の強い反発に遭いました。現場責任者の坑長も立て続けに3人交代しました。明治十三年(1880年)に市兵衛は4人目の坑長として当時まだ20歳代の半ばであった甥の木村長兵衛を抜擢しました。翌年の明治十四年(1881年)に木村坑長のもとで待望の大鉱脈を掘り当てました。

 その後、足尾銅山では立て続けに大鉱脈が発見され、銅の生産高は急上昇しました。古河財閥は足尾銅山発展の中で形成されていきました。しかし鉱山の急発展の中、日本の公害問題の原点とも言える鉱毒問題が発生しました。

 銅山を中心とした経営の多角化にも着手しました。明治十七年(1884年)に精銅品質向上による輸出拡大と、銅加工品の生産による国内市場開拓を目指して本所溶銅所を開設しました。

 古河市兵衛は明治三十六(1903)年四月五日に七十年の生涯を終えました。

伝記・評伝

運鈍根の男―古河市兵衛の生涯

小説 古河市兵衛―古河グループを興した明治の一大工業家

渋沢栄一が語る 無学の勇者 古河市兵衛


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA