関寛斎

関寛斎

概要

 関寛斎(せきかんさい)文政十三年庚寅(かのえとら27)二月十八日(1830年3月12日)生誕 – 大正元(1912)年十月十五日逝去(八十二歳)は、江戸時代末期から明治時代の蘭方医。

経歴

 文政十三年庚寅(かのえとら27)二月十八日(1830年3月12日)に関寛斎は上総国東中(現、千葉県東金市)で農家の子として誕生する。養父の儒学者・関俊輔から教育を受けた。

 寛斎は佐倉順天堂に入り、佐藤泰然に蘭医学を学び二十六歳の時銚子で開業する。長崎に遊学してオランダ人医師から最新の医学を学ぶ。銚子を去って徳島藩蜂須賀家の典医となる。

 関寛斎は慶応四年(1868年)に勃発した戊辰戦争で新政府軍の奥羽出張病院長として、敵味方の別なく治療に当った。明治維新後は徳島に帰り、一町医者として庶民の診療、種痘奉仕などに尽力して「関大明神」と慕われた。

 明治三十五年(1902年)に七十二歳で一念発起して徳島を離れ北海道に渡る。原野だった北海道陸別町の開拓事業に全財産を投入して広大な関牧場を拓く。のちにこの土地を開放して自作農創設を志すが果たせなかった。

 大正元(1912)年十月十五日に服毒により自らの命を絶ち、関寛斎は八十二年の生涯を終えた。

伝記・評伝

評伝 関寛斎 1830-1912 〔極寒の地に一身を捧げた老医〕

蘭学医・関寛斎―平成に学ぶ医の魂

関寛斎―蘭方医から開拓の父へ (1980年) (新日本新書)

斗満(トマム)の河―関寛斎伝

野のひと―関寛斎 (1984年) (北の肖像)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA