重野安繹

重野安繹

概要

 重野安繹(しげのやすつぐ)文政十年丁亥(ひのとい 24)十月六日(1827年11月24日)生誕- 明治四十三(1910)年十二月六日逝去(八十三歳)は江戸時代末期から明治初期の漢学者、歴史家。日本で最初に実証主義を提唱した日本歴史学研究の泰斗、また日本最初の文学博士の一人。

経歴

 文政十年丁亥(ひのとい 24)十月六日(1827年11月24日)に重野安繹は薩摩国鹿児島郡鹿児島近在坂元で誕生する。

 天保十年(1839年)に薩摩藩の藩校・造士館(ぞうしかん)に入学する。嘉永元年(1848年)に江戸へ遊学して昌平坂学問所(しょうへいざかがくもんじょ)に入門する。塩谷宕陰(しおのやとういん)、安井息軒(やすいそっけん)から学ぶ。

昌平坂学問所
塩谷宕陰
安井息軒

 安政三年(1857年)に薩摩に帰国した。同僚の金の使い込みにより奄美大島へ潜居される。奄美大島では西郷隆盛と出会う。文久三年(1863年)に赦免されて薩摩に戻りる。

西郷隆盛

 維新後は外務職を勧められた。しかし重野は学問の道に進む。明治元年(1868年)に大坂で私塾成達書院(せいたつしょいん)を開塾した。当時の進歩的な若者たちに大きな影響を与えた。成達書院の門下生に岩崎弥太郎がいた。

岩崎弥太郎

 明治四年(1871年)に上京する。明治八年(1875年)以降、太政官正院修史局・修史館で修史事業に関わる。明治十一年(1879年)に帝国学士院会員となる。明治十四年(1881年)に『大日本編年史』編纂に参加する。清代考証学派に範をとる歴史学方法論を主張した。これに基づき児島高徳(こじまたかのり)の実在や楠木正成の逸話を否定し「抹殺博士」の異名をとる。このような主張は川田甕江(かわた/かわだおうこう)ら国学系・水戸学系歴史学者との対立を激化させた。

川田甕江

 明治二十一年(1888年)に帝国大学文科大学(のちの東京帝国大学文学部)教授に就任する。明治二十二年(1889年)に「史学会」初代会長に就任した。明治二十三年(1890年)に星野恒(ほしのひさし)、久米邦武(くめくにたけ)と共に『国史眼』を執筆する。同年九月二十九日に貴族院勅選議員となる。

東京帝国大学

 明治四十三(1910)年十二月六日に重野安繹は逝去。八十三年の生涯を終えた。

著作・伝記・評伝

明治文學全集 78 明治史論集(二)

重野安繹と久米邦武―「正史」を夢みた歴史家 (日本史リブレット人)

重野安繹における外交・漢文と国史: 大阪大学懐徳堂文庫西村天囚旧蔵写本三種 (関西大学東西学術研究所資料集刊)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA