川田甕江

川田甕江

概要

 川田 甕江(かわた/かわだ おうこう)文政十三年庚寅(かのえとら27)六月十三日(1830年8月1日)生誕- 明治二十九(1896)年丙申(ひのえさる33)二月二日逝去(六十五歳)は、江戸時代末期の備中松山藩の藩儒。明治期の漢学者。本名は剛(たけし)であるが、これは師である山田方谷の命名であり、それ以前は竹次郎と名乗っおりました。号は毅卿(きけい)。錦鶏間祗候(きんけいのましこう)。

経歴

 文政十三年庚寅(かのえとら27)六月十三日(1830年8月1日)に備中国浅口郡玉島(現、岡山県倉敷市玉島中央町)の回船問屋「大国屋」で誕生しました。幼いうちに両親に先立たれて没落し辛い少年時代を過ごしました。

 玉島で儒学者の鎌田玄渓に学びました。玄渓は甕江の才能に気付いて自ら「師に足らず」と述べて江戸への遊学を勧めました。江戸では佐藤一斎らの下で学びながら、学資のために蔵書を売り、家庭教師をするなどの苦学の末、近江大溝藩の藩儒として100石で登用することが決まりました。

佐藤一斎

 近江大溝藩の登用が決まった時に、備中松山藩の執政であった陽明学者の山田方谷が松山藩の藩儒として50石で召したいという希望を甕江に伝えました。甕江は備中松山が故郷に近いことに加えて、わずか数年で松山藩の財政再建を実現させた山田方谷の学識と手腕をこの目で確かめられる好機であると考えて大溝藩の半分の禄の備中松山藩への仕官を決めました。

山田方谷

 方谷に学問を学んだ甕江は、すぐに頭角を著して門人としては新参ながら江戸藩邸の教授を任されて三島中洲とともに方谷門人の筆頭として扱われるようになりました。

三島中洲

 戊辰戦争で藩主の板倉勝静(いたくらかつきよ)が老中首座として幕府軍に参加したために備中松山藩は「朝敵」となりました。甕江は藩兵を密かに備中に引き揚げさせる工作に行ってました。しかし。岡山藩による備中松山占領の方が早く、岡山藩の要求によって藩兵の隊長であった重臣の熊田恰が責任を取って切腹する代わりに他の藩士の罪を免除させるということになり、甕江が切腹の目付役を務めることになりました。

板倉勝静

 その後、方谷の命に従って江戸で出家させる予定であった板倉勝弼(いたくらかつすけ)を藩主に擁立しました。勝静は旧幕府軍に最後まで忠義を尽くし箱館まで転戦しました。方谷は、松山藩士を知人のプロセイン商船に乗せて箱館に派遣し、勝静は半ば強引に東京に連れ戻されました。高齢の方谷に代わって甕江は三島中洲とともに藩の存続に尽力しました。

 藩の存続が決まると、方谷が引退したこともあり甕江は藩を退いて江戸に上府しました。江戸で塾を開いた甕江は薩摩藩の重野安繹(しげの やすつぐ)と双璧をなすと言われるようになりました。この二人に甕江の盟友の三島中洲を加えて「明治の三大文宗」と称されました。

重野安繹

 山田方谷に対して尊敬の念を抱いていた木戸孝允は、甕江に方谷の出仕を要請するように依頼しました。方谷の引退の意思は固く、木戸の期待には応えられませんでした。木戸は甕江に太政官に出仕して大学小博士として重野安繹とともに国史編纂の責任者になれるように推挙しました。やがて国史編纂構想は太政官内における修史館設置へと発展しました。

木戸孝允

 川田甕江と重野安繹は性格が合わず最初から対立しました。新しい日本の国史を作ろうと意気込む重野に対して甕江は国史編纂よりも史料の収集に力を注ぐべきだと考えておりました。そのような時に生じたのが『太平記』の扱いを巡る問題でした。重野は創作を国史に載せるべきではないと唱えたのに対して、甕江は『太平記』に対する史料批判を行わずに初めから創作と決め付けるべきではないと反対しました。その結果、1881(明治14)年に甕江は修史館を去って宮内省に移ることになりました。

 1884(明治17)年に川田甕江は東京帝国大学教授に就任しました。のち華族女子学院校長、帝室博物館理事、貴族院議員を歴任しました。1893(明治26)年に後の大正天皇の侍講に任じられました。同年6月20日に錦鶏間祗候を仰せ付けられました。旧主であった板倉勝静を度々訪れてはその相談相手となり、死の間際には「死後も自分の側近でいて欲しい」と勝静から懇願されて、勝静の墓の隣に甕江の墓が設置されることとなりました。

 1896(明治29)年2月2日に川田甕江は65年の生涯を終えました。

伝記・評伝

『金色夜叉』に秘められた人間模様 岡山の偉人・川田甕江没後百二十余年に憶う


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA