伊地知正治

概要

 伊地知正治(いじちまさはる / しょうじ)文政十一年戊子(つちのえね25)六月十日(1828年7月21日) -明治十九(1886)年五月二十三日薨去(五十七歳)は、江戸時代末期の薩摩藩士、政治家。伯爵。諱は季靖。通称、竜右衛門。後に正治。号は一柳。

経歴

 文政十一年戊子(つちのえね25)六月十日(1828年7月21日)に伊地知正治は鹿児島城下千石馬場町で薩摩藩士の伊地知季平の次男として誕生する。幼い頃に大病を患ったために片目と片足が不自由となる。

 伊地知は剣術を薬丸自顕流の薬丸兼義に学ぶ。合伝流兵学を石沢六郎と法亢宇左衛門に学んで奥義を極める。合伝流の弟子に西郷従道らがいる。藩校・造士館の教授となる。

西郷従道

 安政六年(1859年)に伊地知は精忠組に参加する。文久二年(1862年)に島津久光の上洛に従って京都に上った功績により軍奉行となる。伊地知は稀有な軍略家であり、禁門の変や戊辰戦争で大きな功績を挙げた。 

島津久光

 伊地知は廃藩置県後はに薩摩閥の有力者として太政官政府に入る。征韓論を支持して、板垣退助と派兵計画を立てた。朝鮮派遣延期の意見が通り、西郷隆盛の辞表は受理されて明治六年政変に至たる。伊地知は対立していた左院議長の後藤象二郎が下野したことで、同副議長から議長に就任したために下野しなかった。

板垣退助
西郷隆盛
後藤象二郎

 西南戦争後は帰郷して郷里の復興に尽力する。明治十七(1884)年七月十七日に伯爵を叙爵する。明治十九(1886)年五月二十三に伊地知正治は薨去。五十七年の生涯を終えた。

伝記・評伝

伊地知正治小伝(復刻版)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA