ピーター・ドラッカー

ピーター・ドラッカーの経歴

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker  1909(明治42)年己酉(つちのととり46)11月19日生ー2005(平成17)年乙酉(きのととり22)11月11日逝去。(95歳)は、ユダヤ系オーストリアの人で、オーストリアのウィーンで、裕福な家庭に生まれ育ちました。「現代経営学」・「マネジメント」(management)の発明者です。未来学者と称されていましたが、自分では「社会生態学者」を名乗りました。

 1931年にフランクフルト大学で法学博士号を取得。ナチスドイツの勃興し、1933年に彼はユダヤ系の為、ナチス党の迫害を危惧してロンドンに移住しました。その時彼は旧ヨーロッパ社会の崩壊を予感しました。イギリスの経済学者、ジョン・メイナード・ケインズ(John Maynard Keynes)の講義を直接受ける傍ら、イギリスの投資銀行に勤めます。

 1939年、アメリカ合衆国に移住し、処女作『経済人の終わり』を上梓しました。1942年にバーモント州ベニントンのベニントン大学教授となりました。1943年にアメリカ合衆国国籍を取得しました。

 1950年から1971年までの約20年間、ニューヨーク大学(現在のスターン経営大学院)の教授を務めました。1971年にカルフォルニア州クレアモントのクレアモント大学院教授となり2003年、93歳まで務めました。

ピーター・ドラッカーの思想

 彼は「分権化」などの多くの重要な経営コンセプトを考案しました。その興味・関心は企業の世界に留まることを知らず、社会一般の動向にまで及びました。「民営化」や「知識労働者」は彼の造語で、後に世界中に広まりました。

 著書の『すでに起こった未来』(原題:The Ecological Vision)では、みずからを生物環境を研究する自然生態学者とは異なり人間によってつくられた人間環境に関心を持つ「社会生態学者」と自ら規定しております。2005年11月11日に逝去されました。未来の経営学を創造した95年の生涯でした。

すでに起こった未来―変化を読む眼

 ドラッカーの思想は、組織や企業経営の分野にとどまらず、個人のプロフェッショナル成長の分野にも及んでいました。ナレッジワーカー(知識労働者)が21世紀のビジネス環境で生き残り、成功するためには、「自己の長所(強み)」や「自分がいつ変化すべきか」を知ること、そして、「自分が成長できない環境から迅速に抜け出すこと」を勧めていました。新しい挑戦こそが、プロフェッショナルの成功に貢献すると主張していました。

 私はドラッカーの提唱を受け、コロナ後の世界で必要な思想と考え、ドラッカーの思想を勉強して、この時代に必要な人材になりたいと思い、日々と勉強している次第です。

ドラッカーの入門書を紹介します。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

作業しながら、耳で聴いて読書をしましょう。Audible (オーディブル) ・ オーディオブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA