吉井友実

            吉井友実

概要

 吉井友実(よしいともざね)文政十一年戊子(つちのえね25)二月二十六日(1828年4月10日)生誕 – 明治二十四(1891)年四月二十二日薨去(六十三歳)は、薩摩藩士、官僚。通称を仁左衛門、中介、後に幸輔。変名を山科兵部。

経歴

 文政十一年戊子(つちのえね25)二月二十六日(1828年4月10日)に吉井友実は鹿児島城下加治屋町で薩摩藩士の父・吉井友昌の長男として誕生する。西郷隆盛、大久保利通、税所篤らとは幼少期からの親友だった。

西郷隆盛
大久保利通
税所篤

  薩摩藩十一代藩主・島津斉彬の藩政改革では、吉井友実は安政三年(1856年)に大坂薩摩藩邸留守居役などを務めて諸藩の志士との交流を重ねた。安政五年七月十六日(1858年8月24日)に斉彬が急病で薨去された。大久保利通や税所篤ら同志40名と共に脱藩を企てたものの十二代藩主・島津忠義に遺留される。

島津斉彬
島津忠義

 元治元年(1864年)に吉井は流罪に処されていた西郷の復帰を嘆願した。同年の禁門の変で長州藩を撃退した。第一次長州征討では征討軍総督の徳川慶勝に長州処分を委任され、戦後処理に努める。

 慶応三年五月二十一日(1867年6月23日)に中岡慎太郎の仲介によって、吉井、西郷らは京都の小松帯刀邸で土佐藩士・板垣退助、谷干城らと武力討幕の薩土討幕の密約(薩土密約)を結ぶ。

中岡慎太郎
小松帯刀
板垣退助
谷干城

 維新後は参与、弾正少弼、民部大丞を歴任する。明治四年(1871年)に大久保の推挙で宮内少輔に就任して宮中改革に尽力した。明治六(1873)年九月十三日に岩倉使節団が帰国する。留守政府での朝鮮出兵を巡る征韓論で、吉井は大久保に協力して西郷らの征韓派と対立し、西郷らを失脚させる。

  明治十(1877)年九月二十四日に西南戦争で敗北した西郷が薨去された。翌年、明治十一(1878)年五月十四日に大久保が暗殺される。伊藤博文が大久保の後を継ぎ内務卿として実質的な政府首班に就任する。吉井は元田永孚らと天皇に親政実行を直訴する。しかし政府は天皇親政を採用しなかった。

伊藤博文
元田永孚

 明治十二(1879)年三月に政府により工部小輔兼任とされ工部省へ異動となる。明治十三(1880)年六月に工部大輔に昇進したが、明治十四年(1881年)に日本鉄道会社への転出が決まり、明治十五(1882)年一月に工部大輔を辞任して二月に日本鉄道社長に就任する。

 明治十七(1884)年七月に日本鉄道社長を辞職する。その後、明治天皇の任命で宮内大輔として宮中に復帰する。明治十九年(1886年)に宮内次官に任命される。明治二十一年(1888年)に枢密顧問官を兼任した。大日本帝国憲法の審議に参加する。

 明治二十四(1891)年四月二十二日に吉井友実は薨去。六十三年の生涯を終えた。

関連書籍

手紙 038 慶応二年十月五日 吉井友実あて


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA