郷純造

郷純造

概要

 郷純造(ごうじゅんぞう)文政八年乙酉(きのととり22)四月二十六日(1825年6月12日)生誕-明治二十二(1910)年十二月二日薨去(八十五歳)は、江戸時代末期の幕臣。明治時代初期の大蔵官僚、政治家。男爵。

経歴

 文政八年乙酉(きのととり22)四月二十六26日(1825年6月12日)に美濃国黒野(現、岐阜市黒野)で豪農の三男として誕生する。

 弘化元年(1845年)江戸に出て旗本などの奉公をした。1853年(嘉永5年)に長崎奉行の牧義制の納戸役としてオランダ使節来訪問題に対応する。箱館奉行の堀利煕(ほりとしひろ)の使用人として樺太、蝦夷地巡回に随行する。その経験を大坂町奉行の鳥居忠善に評価されて貿易問題を担当して鳥居家の家老に抜擢される。

 慶応四年一月三日(1868年1月27日)の鳥羽・伏見の戦いに先立ち、御家人の株を買って幕臣となる。幕府陸軍歩兵差図役頭取となり旗本に昇進する。江戸城開城前後に、幕府陸軍の新政府に対する徹底抗戦路線には従わず江戸開城後は新政府軍に従う。

 明治二年(1869年)に新政府に入り大蔵少丞に就任する。大隈重信や伊藤博文に旧幕臣の渋沢栄一や前島密の登用を薦めた。明治十九年(1886年)に大蔵次官に昇進し、明治二十一年(1888年)に退官する。

大隈重信
伊藤博文
渋沢栄一
前島密

 明治二十四(1891)年四月十五日に 貴族院勅選議員となる。明治三十三(1900)年五月九日に男爵を叙爵される。明治二十二(1910)年十二月二日に郷純造は薨去。八十五年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA